活動日誌

3000万署名左京いっせい宣伝

安倍9条改憲をストップさせようと全国で取り組まれている3,000万人署名の宣伝行動を左京各地でいっせいに行いました。私は修学院駅前で、地域の共産党後援会のみなさんと一緒に訴え。

全国で集められた1,350万筆分はすでに国会に提出されおり、現在は1,500万筆を超えて署名は集まっています。引き続き、3,000万筆目指して、取り組みを強めましょう!

(更新日:2018年11月10日)

まちづくりと防災を考える左京のつどい

まちづくりと防災を考える~学習交流のつどい~が行われました。鰺坂学先生(同志社大学名誉教授)が「住民協同の地域づくり」と題して基調講演。

住民の自治組織である自治会や町内会をはじめ様々な住民組織が、地域づくりに力を発揮するためにも、行政がしっかりと支援することが必要であることを改めて実感する内容でした。

その後、加藤あい市議とみつなが敦彦府議による京都府・市の災害対応の現状の報告に続いて、左京各地で取り組まれている住民運動組織のみなさんが、次々と取り組みを報告。あっという間の2時間でした。

(更新日:2018年11月09日)

森林経営管理法学習・交流会

京都府有害鳥獣問題研究会など11の団体が主催した「森林経営管理法を考える学習・交流会」に参加しました。

講師は泉英二先生(愛媛大学名誉教授・国民森林会議提言委員会委員長)。大変勉強になりました。また、森林を守っていく上での指針を与えていただき、元気にもなりました。

詳しい内容は国民森林会議のHPとその提言(2017年)をご覧ください。

印象に残ったのは、安倍政権が農業に続いて、林業を「成長産業」と位置づけ、大企業と海外資本の儲けの道具にしようとしていること、さらに、水産業もこの方向が示されているということです。泉先生は、ここに問題の本質がある、ということをズバッと指摘した上で、様々な問題点を提起されました。

また、ヨーロッパなどでは、森林の保護は、産業という切り口ではなく、環境という切り口でとらえ、そこに住み林業を営んでいる方たちは環境の重要な守り手として考えて、所得補償が当たり前に行われていることなどが紹介されましたが、これは、あるべき農林水産業の姿を示していると感じました。

西村よしみ市議と一緒に参加

(更新日:2018年11月06日)

左京区上高野の道路の改修

左京区上高野大塚町の道路の改修工事が10月の前半に終わりました。

この道路は狭いのですが、地域のみなさんが良く通られる道路です。側溝のフタが鉄板で、その横の舗装部分との境に段差があり、傾斜もきついため、通る際につまづいて転んだ方もあり、改修して欲しいとの要望をお聞きしたのが数年前。左京土木事務所に連絡したところ、その時は鉄板を補修する応急措置をしていただきました。

2年前には、再度、左京土木事務所に現地に来ていただき、住民のみなさんから直接要望を聞いてもらいました。その後、地域のみなさんが「改修工事をして欲しい」との要望署名を集めて提出。

こうした地域のみなさんの粘り強い要望活動が見事に実り、私もうれしく思っています。

土木事務所に現地で話を聞いてもらう

鉄板と舗装道路の段差と傾斜がきつい状態でした

改修工事が終わり側溝と舗装がきれいになりました

(更新日:2018年10月31日)

みつなが府議と大原で宣伝

介護保険料の値上げ、要支援1・2の方の保険外し、年金支給額の引き下げ、70歳以上の方の医療費窓口負担の引き上げなど、社会保障の改悪で庶民の負担は増えるばかりです。このことに対する認識を9月議会で市長に聞いたところ、「社会保障の予算は国も京都市も毎年増やしている」と、あたかも充実しているかのような答弁。

本来全額増やすべき自然増部分を、安倍政権は全額措置せずに削ってきた(6年間で1.6兆円削減)ところに大きな問題があります。そのことによって大変になっている市民の暮らしに目を向けようとしない市長の政治姿勢がよく表れています。

そんなことも報告しながら、みつなが府議と一緒に大原で宣伝してきました。

(更新日:2018年10月27日)

共産党左京演説会を5カ所で開催

昨日は、左京区の5カ所で、日本共産党国・府・市政報告演説会を行いました。

私は修学院と岩倉の2会場で、倉林明子参院議員、みつなが敦彦府議と一緒に報告と訴え。

共産党への支援の輪を大きく広げていただく中で、左京区で府市会4人を議会へと送り出してください。

(更新日:2018年10月14日)

京都まつりに14,000人

京都まつりは大盛況でした。ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、座ってる(複数の人)

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル

(更新日:2018年09月24日)

台風21号被害

9月4日の台風21号の通過からあっという間に1週間。左京各地の被害の現場を回っていますが、深刻な実態が広がっています。

いまだに停電のままの地域が多数残され、道路が寸断されているところも残されています。電話も通じない地域では、緊急の連絡すらままならず、2次被害が広がらないか心配です。

今回の台風は、風の被害が多く、山際での倒木による被害が多いことが特徴です。本当に心が痛みます。

住宅の再建、電気の復旧、道路の復旧など、生活の再建を急ぐととともに、荒れた山を元気にするための方策を考え、実行に移さなければなりません。

(更新日:2018年09月10日)

左京自治体要求連絡会が区役所にアンケート結果を提供

日本共産党左京地区委員会も参加する「左京自治体要求連絡会」が今年の1月に、「暮らしと要求アンケート」を返信封筒付きで全戸に配布し、2,800通以上の返信が寄せられました。

その中には暮らしに対する要望がぎっしり詰まっており、これは、私たちだけで持っておくのはあまりにも貴重な資料だと考え、内容を「要望と提案」という形にまとめ(PDFファイルはこちらをクリック)、行政にも届けてきました。

アンケートの中には、「左京区に住み続けるために充実して欲しいこと」という設問があり、医療や介護などの福祉関連が一番に多かったのですが、それらとほぼ同数の方が、「交通アクセス」と答えられていたのは、左京区の大きな特徴と思われます。

市民のみなさんの切実な思いを、しっかりと実現していくために、行政とも連携しながら取り組みを進めて行きたいと思います。

(更新日:2018年08月10日)

共産党左京区府市会予定候補宣伝

共産党の左京区の府市会予定候補4人そろって国際会館前で朝宣伝。

午後は4人が6カ所でリレートーク。

73回目の長崎の原爆の日でしたから、核兵器廃絶を訴えるとともに、放射能汚染という共通点のある原発の即時停止と廃炉への決断についても訴えました。

みつなが府議・とがし前市議・加藤市議と国際会館前で朝宣伝

北山通白川通交差点

岩倉中信前

(更新日:2018年08月09日)

Page 1 of 3412345102030...Last »