活動日誌

惨事便乗型の政治を許さない!

今日は、京都市9月議会の代表質問でした。

共産党の西野副団長が、コロナ禍では、公助こそ政治の役割であることを指摘し、自治体が公的な責任を果たすこと、つまり、「市民生活と中小企業への直接支援が切実に求められている」と追及しました。

これとは対照的に、自民党の議員は、菅政権の打ち出した「自助・共助・公助」を進めて行くことを表明。菅首相はこの中でも自分で頑張る「自助」を特に強調しています。

市長も、京都市が財政破たんする可能性があると強調しながら、「コロナを契機に行財政改革を進める」と答弁しました。京都市で立ち上げられた「行財政審議会」に市長が審議を指示した内容は、「福祉を含むあらゆる市民サービスの検証」で支出を「削減」することです。つまり「行財政改革」とは、市民の福祉の削減ということにほかなりません。

自民党と市長が、国の方針をそのまま京都市に持込み、専門家のみなさんが指摘する「惨事便乗型」の政治で、市民生活を切り捨てようとしていることが、明確に示されました。

共産党を含む野党の共闘が求める政治と、これまでの自公政権の政治の違いが見事にあらわれた代表質問でした。決着は次の総選挙でつけましょう!

夕方は、ちさか拓晃衆院京都2区予定候補、みつなが府議と一緒に、スーパー前で市民の声を聞くためのアンケート宣伝を行いました。

(更新日:2020年09月30日)

ちさか拓晃衆院京都2区予定候補と宣伝

ちさか拓晃衆院京都2区予定候補と岩倉各地で宣伝。

野党共闘が新たな段階に入っています。立憲民主党の枝野代表が9月23日の会見で、共産党とは様々な点で政策的な違いがあるとしながらも、「双方は(連携のため)最大限の努力をするという認識では一致している」と発言しています。

また、枝野代表は、先の首相指名選挙前に共産党を訪問し、「政権交代を実現させるために連携していきたい」と述べ、首相指名選挙での協力を要請。この要請を請け、野党連合政権をつくっていくという意思表示を込めて、枝野代表に投票しました。

こうした野党共闘をさらに前に進めるためにも、共産党を強く大きくしてほしい、と訴えて回りました。

(更新日:2020年09月26日)

命と暮らし、営業の支援こそ必要

コロナ禍で、市民の暮らしと中小業者が大変な危機に陥っている時に、市長は、「福祉を含むあらゆる市民サービス」の削減を検討することを、「行財政審議会」に指示しました。

国の方針に従ったものとはいえ、あまりにもひどいものです。

このような検討を行うのではなく、今こそ、市民の暮らしと中小業者の支援を行う政治へ転換しようと、共産党京都市会議員団で宣伝しました。

(更新日:2020年09月25日)

中小企業への緊急の支援を

コロナ禍で中小業者と労働者への支援が切実に求められています。

様々な機会を通じて、京都市に繰り返し要請をしてきましたが、今回、改めて、緊急の申し入れを市長に行いました。

(更新日:2020年09月25日)

コロナ禍で明らかになった日本経済の姿

左京消費税廃止連絡会が主催して「コロナ禍で明らかになった日本経済の姿」というつどいが行われました。

日本共産党の大門みきし参議院議員が基調講演を行い、その後、様々な団体から現状が報告されました。

つどいの直前に安倍首相が辞任会見を行うという、絶妙のタイミング。大門議員はそのことに触れながら、直接の原因は首相の病気にあったかもれ知れないが、すでに安倍政権は国民に追い詰められていたので、首相が病気でなくても、安倍政権を倒すことはできた、と話されました。その通りだと思います。

京建労や民商、民医連などからの報告では、厳しい仕事の実態が話され、コロナのもとでの政治のあり方を変える必要性が共有されました。

(更新日:2020年08月28日)

PCR検査の拡大を早く

京都大学病院が8月6日に提言を出しました。

新型コロナウイルスの感染拡大に危機感を示し、PCR検査を増やすことで、感染拡大の防止を図ることを提言したものです。

しかも、一般論でなく、京大病院には1回で数百件の検査をする能力の機器があり、京都府と京都市が対策を強化するならば、「それに伴うPCR 検査に積極的に協力させていただく用意があることを表明いたします」と結んでいます。

高度な医療を担ってきている病院の痛切な訴えに、国・府・市がどのように応えるのか、切実に問われています。

共産党も政府や自治体に検査拡大を申し入れています。

昨日は、ちさか拓晃衆院京都2区予定候補と一緒に、感染の拡大防止に向けて力を合わせようと訴えて回りました。

京大病院の提言はこちらをご覧ください。→京大病院HP

(更新日:2020年08月09日)

検査はもっとたくさんできます

ちさか拓晃衆院京都2区予定候補と一緒に、市原、岩倉の各地を宣伝して回りました。

コロナ対策として決定的に重要なのは、検査を徹底すること。

京都市は、今週になって、市立病院の全職員と全患者さん約1,900人のPCR検査を行いました。京大病院の支援を受けて行ったものです。自治体がその気になって大学病院や研究機関などに支援を求めれば、それまでの何倍もの検査が可能なことが示されました。

国と自治体が、コロナの感染拡大の防止に向けて、具体的な行動を起こすよう、大いに声をあげて行きましょう!

(更新日:2020年08月01日)

左京区上高野下荒蒔町の側溝のフタの改修

左京区上高野下荒蒔町の道路の側溝のフタが改修されていました。

以前、側溝のフタが傷んでいて、危ないとお聞きしていた場所で、左京土木事務所に対応をお願いしたものです。

(更新日:2020年08月01日)

こくた・ちさか街頭宣伝

こくた恵二衆院議員、ちさか拓晃衆院京都2区予定候補と、左京の府市会議員がそろって、左京各地で街頭宣伝を行いました。

「Go To トラベル」キャンペーンは、コロナの感染拡大の時期に「旅行に行こう」と呼びかける内容であり、そこに税金が1.7兆円も使われることなど、安倍政権の政治があまりにひどいことに、多くの国民から批判の声が出されています。

早ければ秋にも解散・総選挙と言われています。市民と野党の共同をさらに前に進めて、安倍政権を退陣させるためにも、日本共産党を強く大きくしてください。

(更新日:2020年07月23日)

追いつめられる安倍政権

昨日は修学院の北山白川交差点で街頭宣伝・演説会、今日は岩倉で演説会を行いました。

井上さとし参院議員国会対策委員長、ちさか拓晃衆院京都2区予定候補、みつなが敦彦府議と私が訴えました。

安倍政権が新型コロナの対応をおろそかにしながら、河井議員夫妻の選挙違反、検察庁法案など、政治の私物化を行ってきたことに対して、多くの国民が批判の声をあげています。

さらに、コロナの対応では、医師会や知事会・市町村会などからも国に対する意見が相次ぎ、自民党の中からも、消費税減税や医療の充実の要望が突き付けられるなど、安倍政権が追い詰められている状況がよくわかる話でした。

市民と野党の共同をさらに前に進めるためにも、共産党を強く大きくしてください。

(更新日:2020年07月12日)

Page 4 of 51« First...23456102030...Last »