活動日誌

久多~広河原~花背~別所で宣伝

みつなが敦彦府会議員といっしょに、久多から入って、広河原、花背、別所を回ってきました。

80歳くらいの方が、「せっかくこの年までここで生きてきたのだから、ここで最後まで暮らしたい。頼みます」と言われた言葉が胸に響きました。過疎対策が急務であること、どこの地域でも、住み続けられる環境づくりが必要です。

国や京都市の進めようとしている「地方創生」なるものは、切り捨てる地域があることを前提に、いくつかは残そう、という発想ですから、左京区北部のみなさんの願いとは相いれないものです。

行政が、地域を切り捨てることを前提にした段階で、自治体本来の役割を放棄したことになります。こんな発想は絶対に許せません。

久多で宣伝

別所で宣伝

(更新日:2015年03月27日)

二ノ瀬トンネル開通

二ノ瀬トンネルが開通ということで、昨日、記念式典が行われました。二ノ瀬をはじめとした、地域のみなさんの長年の要望が実現したものであり、私も本当にうれしく思っています。

式典では、鞍馬小学校の子どもたちの劇、静原小学校の子どもたちの太鼓、市原野小学校の子どもたちの合唱が花を添えました。

先日、静原の方とお話をしていたら、「トンネルの南側の道路の交差点が、鞍馬に抜ける方がまっすぐになっているけども、交通量から言えば、静原に向かう道をまっすぐにすべきだった」と言われていました。これは、今後の通行の状況も見ながら、必要であれば、信号の時間を調整するなどの改善を求めていく必要があると思います。

(更新日:2015年03月26日)

左京の4人の府市会議員そろって朝宣伝

昨日までと打って変わって寒い日でした。

出町柳駅駅前に、左京の4人の府市会議員(みつなが府議・加藤市議・とがし市議と私)がそろって朝宣伝。

左京建設後援会のみなさんも合流して、なんとしても4人そろって議会へ送ってほしい、と訴えました。

(更新日:2015年03月23日)

高浜原発再稼働反対表明せよと申し入れ

「原発ゼロをめざす左京の会」と左京にある様々な団体のみなさんが共同で、京都市に対して、高浜原発の再稼働反対の態度表明をせよ、実効性のある避難計画を策定せよ、といった内容の申し入れを行いました。左京の3人の共産党議員も同席しました。

懇談の中で市の担当者は、「短期的には再稼働はやむを得ない」との見解と、避難計画などについても、「国の指針に基づいて策定している」と、国の方針に何もものを言わない姿勢を明らかにしました。

市民の命を守る立場に立たない市長の姿勢がよくあらわれています。

加藤・とがし・ひぐちの3人の市会議員も同席

(更新日:2015年03月17日)

原発ゼロへ向けて朝宣伝

東日本大震災から4年です。犠牲になられた方々に哀悼の意を表します。

福島原発の事故は、いまだに収束しておらず、放射能の汚染水が漏れ続けていることが報道されています。事故の原因すら解明されていません。

しかし、安倍自公政権は、原発の再稼働に突き進んでおり、福井県の高浜原発も秋には再稼働させる意向です。

原発の再稼働を許さず、ただちに原発ゼロの政治決断をし、再生可能エネルギーの飛躍的な普及を図るべきです。今朝は共産党としての朝宣伝を、左京各地で行いました。私も、修学院駅前と、国際会館駅前の宣伝に参加し、後援会のみなさんと一緒に訴えました。

修学院駅前

国際会館駅前

(更新日:2015年03月11日)

原発ゼロの宣伝とつどい

静原、二ノ瀬、鞍馬で、原発ゼロの横断幕を掲げての宣伝。その後、鞍馬でつどい、夜は上高野でつどいでした。

つどいの中では、介護のヘルパーさんから、今でも家事援助の時間が削られて、十分な支援ができなくてつらくなる、との経験が語られ、安倍自公政権がさらに介護保険改悪を進めていることへの怒りが高まりました。

静原の宣伝

二ノ瀬の宣伝

鞍馬のつどい

上高野のつどい

(更新日:2015年03月08日)

バイバイ原発左京ウォーク

バイバイ原発3・7きょうとが円山音楽堂で行われるのに合わせて、バイバイ原発左京ウォークが行われました。

ときおり雨の降る中、百万遍交差点を出発して、会場の円山音楽堂までのパレード。私も「原発いらない」のうちわを持って参加。

(更新日:2015年03月07日)

建設後援会のみなさんと花園橋で朝宣伝

建設後援会のみなさんと、花園橋で朝宣伝。たくさん集まっていただき、とっても元気になる宣伝でした。

手前に移っているのはみつなが敦彦府会議員です。

(更新日:2015年02月16日)

選挙勝利に向けた共産党大演説会

4月の府市会議員選挙勝利に向けた共産党大演説会が府立体育館で行われ、6千人もの方にご参加いただきました。

山下よしき参議院議員・書記局長が党の政策をたっぷり話しました。

府市会議員選挙予定候補も紹介されました。

(更新日:2015年02月15日)

敬老乗車証を守れとキャラバン宣伝

市長が敬老乗車証を改悪しようとの方針を出して、すでに1年半。改悪するな、との運動の大きな広がりと共産党議員団の議会での追及の中で、昨年に続いて、今年の予算議会にも、改悪の具体化をさせませんでした。

すでに市長あての署名は16,000筆以上提出されています。さらに運動を広げ、改悪方針そのもを撤回させようということで、今日は市内各地で宣伝行動。私も、高野イズミヤの宣伝に参加。わずか10分ほどの間に、署名もたくさん集まり、関心の高まりを感じました。

(更新日:2015年02月14日)