活動日誌

左京各地で弁護士さんが宣伝

「弁護士の福山和人さんを市長に」と、弁護士仲間のみなさんが左京各地で宣伝。

これまで、弁護士として、貧困に苦しむ市民の支援や、長時間労働での裁判、建設アスベスト訴訟などで活躍してきた福山さんなら、必ず市民を応援する市政を実現できる、と実感を込めたお話。

各宣伝場所には、たくさんの方がお話を聞きに集まってきていました。

(更新日:2019年12月21日)

福山節でみんな元気

来年1月19日告示の京都市長選挙に向けて、つなぐ京都2020@左京の決起集会が開かれました。

福山和人さんは、いつもの福山節で会場を大いに沸かせながら、「私も全力疾走しているので、一緒にがんばってや」と呼びかけ。

集会は、石田紀郎つなぐ京都共同代表のあいさつ、同じく共同代表の梶川憲さんの報告に続き、高知県知事選挙で野党共闘の統一候補でたたかった松本けんじさんの選挙事務所の副代表をされた春名共産党高知県委員長が、高知県知事選挙での野党共闘の進展を報告。

その後、市民団体や、労働組合、個人的に応援しているみなさんからのスピーチ。最後にスピーチをしたジャーナリストの守田敏也さんが、先日アフガニスタンで亡くなられた中村哲さんの葬儀に行かれた時のことに触れられたときには、目頭が熱くなりました。

福山さんを何としても市長に、との思いがギュッとつまった集会でした。

(更新日:2019年12月13日)

市政転換が必要です!

11月議会の代表質問。山科区の鈴木とよこ議員とともに私も代表質問に立ちました。

大きくは3点にわたって質疑しました。

1点面が、暮らし切り捨ての一方で、大型公共事業には前のめりの市政から、暮らしを丸ごと応援する市政への転換をということ。

2点目が、呼び込み型の開発と観光インバウンド優先よりも、賃上げと中小零細企業の支援で京都経済の活性化を、という点。

3点目が、公務の民営化(民間委託)で職員削減と大企業の儲けの機会確保を図る市政から、住民自治を支え、災害対応などに責任を果たす市政への転換を、という点です。

今の市長の3期12年を振り返りながら質問をつくりましたが、答弁は市民の声に寄り添うものではなく、くらし・経済・まちづくりなどどの分野をとっても、転換の必要性を感じさせるものでした。

(更新日:2019年12月04日)

福山和人さんと左京区各地で宣伝

朝は、出町柳駅前で、福山和人さんを市長へと押し上げて、京都市政を変えようと宣伝。

たくさんの方が応援でスピーチ。私も一緒にスピーチ。

その後、市役所で、11月議会の開会本会議。

午後は、福山和人さんの左京各地での宣伝に同行。

めっきり寒くなりましたが、福山さんの熱い訴えに心が動かされます。

(更新日:2019年11月29日)

福山和人さんのお披露目宣伝

弁護士の福山和人さんが、市長選への出馬を決意されたので、四条烏丸でお披露目の街頭演説会が行われました。

通りがかった人が、「安倍首相でも来ているのかと思った」とつぶやきながら通り過ぎるほど、たくさんの方が集まっていました。

福山さんは「お年寄りに早く死にたいと言わせるような政治は間違っている」と、この間の体験をもとに涙ながらに訴え。市民の暮らしと仕事を丸ごと応援する決意を語られました。

続いて、市民環境研究所の石田紀郎さん、ジャーナリストの守田敏也さん、日本共産党のこくた恵二衆院議員などからいさつがありました。

(更新日:2019年11月17日)

青空のもとで青空まつり

左京区日本共産党後援会が中心となった実行委員会が主催した、青空まつりがおこなわれ、1600人の方が参加されました。

まつりには、京都市長選挙への立候補を決意している、左京区在住の福山和人弁護士も参加。他にも、この間、共産党との連帯を深めている市民団体のみなさんから、あいさつをいただきました。

また、先の参院選で福井県で野党統一候補として奮闘された山田和雄さんと井上さとし参院議員のトークコーナーでは、市民と野党の共闘の現場で起きてきた変化をリアルに感じることができました。

みなさん、お疲れさまでした。

(更新日:2019年11月10日)

こんな京都にしたいなぁ 要求交流 左京のつどい

来年1月告示の京都市長選挙に向けて、「こんな京都にしたいなぁ 要求交流 左京のつどい」が開かれました。

民主市政の会代表委員の梶川さんから基調報告。福祉や暮らしや防災などが切り捨てられ、小学校跡地の民間提供や京都市美術館のネーミングライツや高さ規制の緩和で景観と暮らしの破壊などが進められていることの根底にあるのは、安倍政権が進める大企業や外国資本の大企業さえ儲かればいいという方針を持ち込んだものであること。このことを跳ね返すためにも、地方自治を発揮できる市長を誕生させよう、との報告。

戦争をさせない左京1000人委員会の内富さんから連帯のご挨拶。市民と野党の共闘に力を尽くしてきたこと、この間、戦争をさせない左京市民アクションを粘り強く続けてくる中で、連帯が広がっていること、青年は働きかければ応えてくれることなどを話され、市民が政策づくりを行うような京都市にしていこう、と呼びかけられました。

その後、保育や介護、中学校給食、30人学級、観光公害、まちづくり運動など、現場の実態や運動の進展などについてたくさんの方から発言がありました。市議会の様子は加藤あい市議団幹事長から報告。

「何としても市長を変えて、市民の声を聴く市政を実現したい!」との思いがたくさん寄せられたつどいになりました。

(更新日:2019年10月31日)

集団の英知への信頼

内田樹さんの講演「表現の自由と表現の抑制について」に参加しました。安倍9条改憲NO!左京市民アクションと自由と平和のための京大有志の会が主催です。

とても刺激的なお話でした。

今、日本に必要なものは国力を増大させること、この時の国力というのは人間が豊かに生きるということ、とのお話。そのためにはそれぞれが好きなことをすること、自由に表現すること、その中で、どうかと思うことも出て来るが、それは「集団の英知が発揮されることへの信頼がある」ということをさまざまな角度から話されました。

会場は、私を含め、入りきれない参加者がロビーにまであふれる盛況ぶり。

(更新日:2019年10月30日)

保育園の給食費への補助制度の実現を

左京区の保育園長会と保育士会のみなさんと左京区選出市会議員との懇談会が開かれました。

幼保無償化ということで10月から3歳~6歳児の保育料が無償化されましたが、それまでは保育予算に含まれていた副食費が保育予算から外され、別途、保育園が徴収することが義務付けられました。

今日の懇談会で園長先生から、「うちの保育園では副食費の実費として5,200円を徴収することになる。この負担を求める世帯で、一番保育料が安かった世帯は約5,600円なので、わずか400円程度の値下げにしかならない。一方、一定の収入のある世帯は、保育料が5万円以上で、それが無料になり5,200円の副食費で済むことになるのは、どうなのか」と言われていました。この疑問はその通りだと思います。

園長会・保育士会・保護者会の要望である、副食費への補助制度の創設は、当然の願いと思います。

(更新日:2019年10月30日)

2020年度京都市予算編成に向けた要望書提出

昨日、共産党市議団として、2020年度京都市予算編成に対する要望書を提出しました。

国が大型事業や軍事費への予算を増やしながら、社会保障を改悪し、地方への予算も減らしています。

その結果、市民の暮らしと中小企業の営業を圧迫していますから、京都市は国に対してしっかりとモノを言わなければなりませんし、市独自にも暮らしの底上げの施策をしなければなりません。

そうした市政を実現するための要望書を作成しました。

来年1月19日告示の市長選で市長を変えることが、実現のための一番の早道です。

要望書はこちらをクリック(PDF)

(更新日:2019年10月24日)

Page 3 of 4612345102030...Last »