活動日誌

岩倉・修学院で街角演説会

来年の府市会議員選挙に向けて、左京区の府会定数が4から3に減らされてしまいました。4年前に5から4に減らされたのに続けての暴挙です。このことで、1票の格差は大きくなります。

左京区民の願いを軽く扱い、政治に反映させにくくするものです。この暴挙を行った自民党と公明党に断固抗議するものです。

府会も市会も定数を削減されたもとでも、現職の府会1、市会3の議席を確保し、議席の占有率をあげるために力を尽くします。

今日は、そのことも含めて、みつなが敦彦さんと一緒に、岩倉・洛北診療所前と修学院駅前で街角演説会を行いました。

(更新日:2014年10月25日)

上高野ふれあいまつり

私の地元の上高野でふれあいまつりが行われました。昨年までは、私も学童の護者として、焼きそば焼いていましたが、子どもが学童を卒所したので、今年は初めて「見学」だけの参加です。

オープニングの学童子どもたちの踊りは、これは例年通り元気いっぱいでした。

(更新日:2014年10月25日)

岩倉出張所廃止にオール与党が賛成

くらし環境委員会で、9月議会にかけられていた議案の採決が行われました。

岩倉出張所の廃止の議案に反対したのは、共産党だけで、自民党から京都党までのオール与党は賛成してしまいました。出張所は廃止ではなく、保健所の機能を付け加えるなど、充実こそ求められているのに、廃止とは許せません。

オール与党に厳しい審判が必要です。

なお、20日のくらし環境委員会で、この問題で私が質疑した内容が、youtubeにアップされています。こちら→【クリック】

この動画の15分くらいのところから私の質疑が始まりますので、ご覧ください。

(更新日:2014年10月24日)

岩倉出張所の廃止提案は許せない

今の議会に、岩倉出張所を廃止する議案が提案されています。昨日のくらし環境委員会で、この議案の審議がありました。

質疑を行ったのは私だけ。他党は何も言いません。

議案には、廃止する理由として、①岩倉から左京区役所までの交通アクセスがいいこと、②行政運営の効率化を図ること、の2点がかかれています。

私は、区役所が最寄りのバス停や地下鉄駅から500mから750m離れているという市の資料を示しながら、これで交通アクセスがいいなどというのは、岩倉の方の思いとは全く違うこと、岩倉の人口が27,000人を超えることを考えれば、出張所の機能の拡充こそ必要ということを主張しました。

答弁で、「交通アクセスには課題がある」と認めました。だとすれば、今回の議案そのものの前提が崩れていることになります。

行政の効率だけを考えて、住んでいる人のくらしの充実という観点が欠落していることは、絶対に許せません。

(更新日:2014年10月21日)

花背峠トンネル化を望む請願が採択される

今日行われた、京都市会まちづくり委員会で、「花背峠トンネルの実現」を求める請願が採択されました。

この請願は、今年の2月に左京区北部の自治会のみなさんでつくる「花背峠トンネル化推進委員会」から提出されたものです。3月のまちづくり委員会で、私は請願を採択するよう主張しましたが、 自民党から京都党までのオール与党が賛同せず、それ以降、ずっと保留(留保)の扱いになっていたものです。

今日の委員会で、やっと全会派の賛同を得て採択されたことは、うれしい限りです。

請願採択を受けて、京都市は真剣に取り組みを進める必要があります。私も引き続き、峠以北のみなさんの願いを実現するために力を尽くします。

花背峠に掲げられている「トンネル早期実現」の看板

(更新日:2014年10月20日)

区民運動会が終わる

左京区内の学区民運動会が、9月14日を皮切りに、今日まで各地で行われてきました。

私もお祝いに回りましたが、それぞれの地域で特色があり、とても楽しめました。

町内のつながりが強くなる取り組みですから、準備していただく役員さんたちに深く感謝します。

(更新日:2014年10月19日)

くらしの要求と京都市政を考える交流集会

「くらしの要求と京都市政を考える交流集会」が開かれました。

共産党京都市会議員団を代表して、山中団長が報告。京(みやこ)プランによって、社会保障が削られ、防災関連の職員まで削減されるなどの市政の現状が紹介されました。

こうした市政に、自民党から京都党までのオール与党は、すべて賛成、あるいは、もっと福祉の削減を、といった態度です。

市民の暮らしと中小企業の仕事を守れと訴える、共産党の役割はますます大きくなっています。

(更新日:2014年10月17日)

部分的耐震リフォーム助成制度の改善を「検討」

私を含めて、共産党京都市会議員団が粘り強く求める中でつくられた、部分的な耐震リフォーム助成制度である「まちの匠の知恵を活かした京都型耐震リフォーム助成制度」ですが、2013年に創設された年は申し込みが殺到しました。

ところが、2年目以降は、助成額を減額した為に申し込みが大きく減ってしまい、予定の件数にまったく届かなくなりました。

助成額を元に戻すなど、改善も求め手続けてきましたが、今日の決算委員会の中で、今年度中に助成額の改善などを行うとの答弁がありました。

助成額の改善はいいのですが、市内業者に限定しているものも変えて、市外業者が受注できる方向への変更も示唆したことはいただけません。

こちらは変更せず、市内業者への発注に限定すべきです。

(更新日:2014年10月16日)

左京区日本共産党府市政報告演説会

左京区日本共産党府市政報告演説会が行われ、600人の方参加しました。
府市会議員・候補者5人そろって訴えをしたのち、市田忠義副委員長の報告。集まったみなさんの熱い思いが感じられる演説会でした。

開会前に歌も歌いました 続きを読む »

(更新日:2014年10月10日)

上高野大塚町の外灯が交換されました

上高野大塚町の外灯が切れていると連絡を受けました。左京土木事務所に連絡したところ、早速交換していただきました。

(更新日:2014年10月10日)

Page 20 of 35« First...10181920212230...Last »