活動日誌

西谷文和さんのお話が左京で聞けます

フリージャーナリストでNGO「イラクの子どもを救う会」代表の西谷文和さんのお話が聞ける企画が京都市左京区であるそうです。西谷さんは、主に中東の戦場取材をされています。

2月27日(金)午後6時半 京都教育文化センター202号室 参加費500円

主催はピースコンサート&ピースパレードPART12実行委員会

チラシはこちら→西谷さん学習会ビラ 2月27日(PDF)

(更新日:2015年02月05日)

いのちの署名の第1次分を提出

いのちの署名と銘打って、「子どもの医療費の中学校卒業までの無料化」「国民健康保険料の値下げ」「老人医療費助成制度存続」を掲げる署名に取り組んでいます。

今日は、その第一次分の署名、11,278筆を京都市と京都府に提出しました。提出前に、市役所前で宣伝。共産党市会議員団、予定候補を含めて、市民のみなさん30人が集まりました。

引き続き署名を集めています。みなさん、ご協力をお願いします。

(更新日:2015年02月03日)

節分宣伝

吉田神社の節分祭は、毎年たくさんの方でにぎわいます。

今年も、節分宣伝を行い、みつなが府会議員・加藤市会議員・とがし市会議員・私の、左京の府市会議員がそろって訴えました。

「頑張れよ」「期待している」などの声をたくさんかけていただきました。

この後、みつなが府会議員と私は、一乗寺のスーパー・オアシス前にも行って、そろって宣伝。

(更新日:2015年02月03日)

岩倉後援会の朝宣伝用横断幕が新しくなりました

岩倉後援会のみなさんが岩倉中信前の朝宣伝を始めて、数十年にもなるそうです。私が議員になるよりはるか以前から続けている朝宣伝。今は、私も毎週参加しています。

その際に、必ず横断幕を掲げているのですが、今日から新しい横断幕になりました。「何代目の横断幕ですか?」と後援会の方にお聞きすると、「私たちもにもわからない」とのこと。

担い手は変わりながら、朝宣伝を続けているみなさんの地道な努力に頭が下がります。

(更新日:2015年02月03日)

みつなが敦彦府会議員と一緒に岩倉・上高野で宣伝

昨日は、みつなが敦彦府会議員と一緒に、岩倉・上高野で宣伝。宣伝ポイントには、後援会のみなさんも聞きに出てきていただきましたし、事前に、その周辺のみなさんには、お知らせチラシも配布させていただきました。

雪の時折降る、大変寒い日でしたが、車の中から手を振っての激励もたくさんあり、大変元気になりました。

(更新日:2015年02月02日)

左京まちづくりプラン案提案

日本共産党左京地区委員会主催で、「暮らし・経済・まちづくり懇談会」をグランドプリンスホテル京都(旧宝ヶ池プリンス)で行い、120人の方に集まっていただきました。

この日は、大門みきし参議院議員に、共産党の経済政策について、ユーモアを交えて話していただき、続くいて、みつなが敦彦府会議員から、共産党の「左京まちづくりプラン(案)」を報告しました。

私は、地域でまちづくりの運動に取り組んでいる方の実践紹介として、花背等以北の5つの自治会が「北部まちづくり委員会」をつくって、継続的に山間地域での活性化対策に当たっている取り組みを紹介しました。

その後、会場から質問やそれぞれの地域や分野で頑張っていることなどの発言がたくさん出され、当初予定時間をオーバーしてしまうほどでした。

参加されたみなさんからは、「まちづくりプランを聞いて、いろいろとイメージ膨らんでとてもわくわくした」「地域で頑張っている方たちの話が聞けて良かった」などの感想が寄せられました。

これから、さらにまちづくりプラン案をいいものに高めていきたいと思います。

原俊史左京地区委員長が開会あいさつ

私からは北部地域の取り組み例の紹介

(更新日:2015年01月30日)

大河原としたか弁護士と府市会議員そろって宣伝

来年7月に行われる参議院選挙に立候補を表明した、大河原としたか弁護士の左京でのお披露目宣伝を行いました。高野のイズミヤ前では、4人の府市会議員もそろって宣伝。その後、岩倉、修学院でも宣伝をしました。

イズミヤ前で訴える大河原としたか弁護士

岩倉生協前

(更新日:2015年01月25日)

花背峠トンネル早期実現決起集会

花背峠トンネルの早期実現に向けて、地元のみなさんが決起集会を開き、250人もの地元の方が参加されました。

共産党もみつなが敦彦府会議員、加藤・とがし市会議員と私の4人全員そろって参加しました。

花背峠以北は、高齢化・過疎化が進み、集落そのものがなくなってしまう、との強い危機感を地元のみなさんはお持ちです。それを打開する象徴として「花背峠トンネル化」が言われていますが、決起集会である自治会長さんも述べられていましたが、トンネル完成を待つまでにも、様々な課題の解決のために、地元の努力と行政の支援が必要です。

例えば、地元の雇用の確保、移住を促す住宅の確保、光通信の整備、交通手段の確保などなど、あげればきりがありません。そして、区役所の中に、過疎化対策の部署の設置を求めていたのは、まったく同感です。この思いに応えるために、全力を尽くしたいと思います。

(更新日:2015年01月24日)

京建労旗開き

京建労本部の新春旗開きが行われました。組織拡大の年間目標達成にあとわずか、何としても目標達成を、との意気込みが感じられる、元気のいいつどいでした。

共産党は、こくた衆議院議員が代表してあいさつ。来年7月の参議院選挙予定候補の大河原としたか弁護士も紹介されました。

(更新日:2015年01月18日)

大原消防分団出初式及び各種団体交礼会

毎年、大原消防分団出初式及び各種団体新年交礼会に招待いただいており、今年も参加させていただきました。

朝から雪模様で、山は真っ白です。

出初式では、江文神社の宮司さんによる安全祈願の後、団員さんの表彰。交礼会では、冒頭に自治連会長さんが現在の大原の課題、特に少子高齢化を食い止めるための若い人の定住促進策について様々に工夫している内容のご紹介がありました。

その地域に住み続けられる仕組みづくりが求められています。

(更新日:2015年01月18日)

Page 10 of 30« First...891011122030...Last »