活動日誌

日本共産党96周年・左京のつどい

7月21日、日本共産党96周年・左京地区委員会40周年のつどいを京都教育文化センターホールで行いました。

フルートの演奏と合唱・踊りに続いて、市民と野党の共闘トークということで、京都大学教授で安保法制に反対する学者の会の高山佳奈子さん、安保関連法に反対するママとみんなの会の西郷南海子さん、「ピースフラッグ」の運動をしているくらしと政治カフェ京都の井崎敦子さん、NPO市民環境研究所の石田紀郎さんの4人が登場。とっても豪華なメンバーが、それぞれ共産党への期待の思い、そして、共産党への注文などを語っていただきました。

演説会に参加されたみなさんも一様に言われていましたが、この共闘トークは素晴らしく、共産党の市民との共同の努力が大きな成果を生み出してきていることを実感しました。

その後、井上さとし参議院議員の国会報告、森下左京地区委員長の40年の運動の歴史の講演。

みつなが敦彦府議、加藤あい市議、とがし豊前市議、私の左京4人の府市会予定候補も決意表明。

(更新日:2018年07月25日)