活動日誌

惨事便乗型の政治を許さない!

今日は、京都市9月議会の代表質問でした。

共産党の西野副団長が、コロナ禍では、公助こそ政治の役割であることを指摘し、自治体が公的な責任を果たすこと、つまり、「市民生活と中小企業への直接支援が切実に求められている」と追及しました。

これとは対照的に、自民党の議員は、菅政権の打ち出した「自助・共助・公助」を進めて行くことを表明。菅首相はこの中でも自分で頑張る「自助」を特に強調しています。

市長も、京都市が財政破たんする可能性があると強調しながら、「コロナを契機に行財政改革を進める」と答弁しました。京都市で立ち上げられた「行財政審議会」に市長が審議を指示した内容は、「福祉を含むあらゆる市民サービスの検証」で支出を「削減」することです。つまり「行財政改革」とは、市民の福祉の削減ということにほかなりません。

自民党と市長が、国の方針をそのまま京都市に持込み、専門家のみなさんが指摘する「惨事便乗型」の政治で、市民生活を切り捨てようとしていることが、明確に示されました。

共産党を含む野党の共闘が求める政治と、これまでの自公政権の政治の違いが見事にあらわれた代表質問でした。決着は次の総選挙でつけましょう!

夕方は、ちさか拓晃衆院京都2区予定候補、みつなが府議と一緒に、スーパー前で市民の声を聞くためのアンケート宣伝を行いました。

(更新日:2020年09月30日)