活動日誌

恒例の花背峠以北への宣伝

昨日は、毎年恒例となっている、花背峠以北への宣伝に行ってきました。みつなが府議と一緒です。一昨日と同様に昨日も断続的に雪が降り続いていました。

別所ではおもちつきをしている方の横で記念撮影。夏の災害で突きつけられた課題をどのようにクリアするのか、いろいろとお話を聞かせていただきました。

一昨日の晩は能見峠は危険と思い引き返したので、昨日は能見峠を越える気満々で峠道を登って行くと、てっぺんから先で雪が深くなり、車が進めなくなってしまいました。昨日も久多に行けずじまい。

今日になって、久多の方に電話すると、能見峠で雪により道路への倒木があり、除雪車が入れなかったとのことです。夏の台風21号の際に被害を受けた木々が雪の重さに耐えられなかったようです。台風被害の余波がまだ続いています。

能見峠のてっぺんから先の道路

みつなが府議の長靴が完全に埋まるほどの積雪で車は進めず

雪による倒木で除雪車が入れなかったとのことです

花背出張所の公用車が雪だるまみたいになってました

花背峠は道路は通行できますが、その横の倒木はそのまま

雪が降るとまた景色が変わります

(更新日:2018年12月31日)