活動日誌

市長選・争点ウォッチングツアー

左京民主市政の会が主催して、市長選に向けた争点ウォッチングツアーをしました。マイクロバスで市内各地を回り、市政での問題がどのようにあらわれているか視察。

大原・静原では、昨年の台風による、道路脇や民家裏での倒木対策が、少しずつ進んではいるものの、まだ手がついていない場所が多く残されている状況を見た後、北区雲ヶ畑へ。

雲ヶ畑では、地元自治会が粘り強く関電と交渉する中で、道路脇(電柱付近)の倒れそうな木を、関電が費用を負担して伐採をしたとのことです。伐採した部分はわずかですが、災害が起こる前の事前の対策を関電に取らせたというのは、大きな一歩と言えると思います。

その後は、北陸新幹線のボーリング調査地や、元新洞小学校跡地の民間活用問題、さらに下京区まで足をのばし、梅小路公園のJR新駅(梅小路京都西駅)付近での乱開発問題の現場を視察。

最後に、元植柳小学校の跡地活用問題で住民運動をされている方たちと交流をして左京に戻りました。

総額2.1兆円の北陸新幹線の延伸工事に多額の税金を使っている場合ではありません。市民の声に耳を傾け、市民生活を丸ごと支援をする市政への転換が切実に求められています。

八瀬から大原に抜ける国道367号線・道路脇の倒木はまだそのままです

静原の倒木の斜面

雲ヶ畑の関電が木を伐採した現場

民間活用が予定されている元新洞小学校

梅小路新駅横の横断歩道橋は市が6億円かけてつくった

左横奥のホテル(建設中)へ直結する通路となっている

元植柳校跡地活用を考える会のみなさんと交流

(更新日:2019年09月28日)