活動日誌

宝ヶ池トンネルコンクリート片落下事故を受けての対応

左京区の宝ヶ池トンネルのコンクリート片落下事故を受けて、他のトンネルでも同様の事故が起こらないか、京都市が急きょ点検に入ることが発表されました。

もともと、2018年度に予算化する予定だったとのことですが、1年前倒しして、京都市が管理する17のトンネルを5月下旬から10月頃までかけて、しっかりと点検するとのことです。

とりあえず、点検の見通しが立ったことは大きな前進です。

(更新日:2017年04月19日)