活動日誌

住宅政策を学ぶ公開講座開催

共産党京都市会議員団が、まちづくり公開講座を開きました。1回目は、坂庭国晴さん(国民の住まいを守る全国連絡会代表幹事)が「国の住宅政策の現状と京都の住宅問題を考える」と題して講演。

国の住宅関連の予算が極端に少なく、しかも、持ち家への対策ばかりで、賃貸住宅への対策が全く不十分と指摘がありました。この国の方針のもと、京都市でも、市営住宅が減らされる、民間賃貸住宅の居住者への支援がほとんどないというのが現状です。

ただし、住宅マスタープランといった基本方針には、「既存住宅重視の政策に転換する必要があります」といった記載があり、こうした点を足がかりにしながら、安心して住み続けられる住宅政策へ転換させていきたいと思います。

(更新日:2022年08月29日)