活動日誌

コロナ禍で明らかになった日本経済の姿

左京消費税廃止連絡会が主催して「コロナ禍で明らかになった日本経済の姿」というつどいが行われました。

日本共産党の大門みきし参議院議員が基調講演を行い、その後、様々な団体から現状が報告されました。

つどいの直前に安倍首相が辞任会見を行うという、絶妙のタイミング。大門議員はそのことに触れながら、直接の原因は首相の病気にあったかもれ知れないが、すでに安倍政権は国民に追い詰められていたので、首相が病気でなくても、安倍政権を倒すことはできた、と話されました。その通りだと思います。

京建労や民商、民医連などからの報告では、厳しい仕事の実態が話され、コロナのもとでの政治のあり方を変える必要性が共有されました。

(更新日:2020年08月28日)