活動日誌

集中宣伝3日目

衆議院選挙に向けた、京都2区の集中宣伝の3日目。

出町柳での朝宣伝から始まり、午前中はちさか衆院2区予定候補・光永府議と一緒に市原・岩倉・上高野・修学院を宣伝して回りました。

午後は百万遍で、テレビでおなじみの田村智子参院議員を迎えての街頭宣伝。コロナ禍ということで、ユーチューブでの同時配信も行いました。(こちらで今でも見ることができます。→https://www.jcp-kyoto.jp/newseditor/newseditor-6127/

田村参院議員の中でも触れていましたが、コロナ対策としての検査は、京都でも大変遅れています。感染が拡大している地域で面的に大規模に行う、モニタリング検査は、政府が必要性をやっと認めたものの、京都府内で、この5週間で検査キットを配った数が2,182のみ。検査をした数ではなく、キットを配った数ですらこんな数字。これでは、モニタリングの意味を全くなしていません。

コロナ対策を真剣に行うことは、政治の最重要課題です。

(更新日:2021年04月11日)

衆院選に向けた集中宣伝2日目

衆議院選挙に向けた、京都2区での集中宣伝の2日目。

ちさか京都2区予定候補はもちろんのこと、左京・山科の府市会議員が、それぞれ各地で宣伝。私も、修学院・上高野・岩倉・市原などで、午前も午後宣伝。

家から出てきて話を聞いてくれた年配の女性が、「コロナは本当に心配。変異株が増えているとテレビで言っている。なんとかしてほしい」と言われていました。

コロナ対策にも無策な国・府・市の政治を変えましょう。

夜は、左京区の府市政報告懇談会を開催。

(更新日:2021年04月10日)

大いに宣伝の3日間が始まる

10月までには必ず衆議院選挙があります。

ということで、今日から3日間、京都2区では、集中的に宣伝をしようということになりました。私の朝宣伝は、国際会館駅前と花園橋。

共産党の躍進で野党による連合政権をつくりましょう!

#困ったときは共産党に相談しよう

(更新日:2021年04月09日)

養正市営住宅の建て替え計画地をウォッチング

養正市営住宅の建て替え計画づくりが進められています。

そこで、団地のみなさんや周辺の地域のみなさんに建築士さんも加わって、地域をウォッチングし、その後、感想交流が行われました。

感想交流では、「子育て世帯がすめる地域にしてほしい」「市が進める建て替え計画に住民の意見が反映されない」「バリアフリーの集会所があれば災害の時の避難所にもなる」など様々な感想が出されました。

建築士さんからは、「変わりなく住み続けられる、というまちづくりの当たり前の発想が、市の提案からは感じられない」「制度のことに配慮するのではなく、こうしたいという思いを大事にすること」「住民のまちづくりのプラン、構想などを共有することが大事」などのコメントがいただきました。

こうしたまちづくり運動が各地で行われていることが、住み続けられる地域づくりにつながっていくと感じます。

(更新日:2021年03月13日)

宝ヶ池公園の藤棚の改修

1年半ほど前に、宝ヶ池公園北園の藤棚の塗装がはがれていて、あまりにもひどい状況、との連絡をいただきました。

市の公園の担当部署に連絡をしたところ、錆びてはいるが危険ではないので、ペンキの塗りなおしには少し時間がかかります、とのことでした。

先日、その時のペンキの塗り直しがやっと終わったとのこと。こうした維持改修になかなか予算がつかないようです。

その藤棚のすぐ横に鉄製の柵があるのですが、根本が錆びて穴が開いていました。子どもが寄りかかったら倒れないか心配です。財政が厳しい時だからこそ、大型事業を控える代わりに、こうした身近な公共事業をしっかりと行うよう求めていきたいと思います。

(更新日:2021年02月26日)

500億円の「財源不足」は本当か?

「京都市の財政が500億円も不足している!」と京都市が2月1日付の市民新聞でも強調していますが、本当なのか、ということについて、やまね智史市議と一緒に解説しています。

やまね市議が字幕付きの動画に編集してくれているので、ぜひご覧ください。

動画はこちらをクリック

(更新日:2021年02月07日)

左京連帯広場

先月に引き続き、左京連帯広場が2カ所の会場で行われました。左京社会保障推進協議会と実行委員会の主催です。先月も今月も、実行委員会を構成する様々な団体のみなさんが打ち合わせを繰り返し、地域にポスターをお願いし、チラシを配布し、食糧支援の物資提供の協力を呼びかけ、しっかりと準備を積み上げてきました。

左京連帯広場の取組は、2008年のリーマンショックの時から始まったのですが、今は、コロナで困窮するすべての人への支援と生活相談の取組として行われています。

私も左京民主商工会の会場で生活相談のお手伝いをしました。

(更新日:2021年01月24日)

核兵器禁止条約が発効!!!

今日、2021年1月22日、核兵器禁止条約が発効しました。核兵器を使うことはもちろん、持っていることも国際法上違法となりました。

核廃絶求める長年の運動が世界の世論を動かしました。

コロナ禍で気持ちが沈みがちになる中で、久々に、晴れやかな気分になる出来事です。

京都では、コロナの緊急事態宣言が出されているので、予定していたパレードは残念ながら中止。円山公園のしだれ桜前で、記念集会が短時間行われました。

被爆者を代表してスピーチした方が手に持っていたのは、「ありがとう ありがとう ありがとう」と自筆で書かれたプラカード。被爆2世の方が「(被爆した)87歳の母が、核廃絶に向けてこれからも署名運動に取り組む、と言っている」とスピーチした時には、目頭が熱くなりました。

コロナ禍ではありますが、こんな素敵なこともあるということを、多くの方と一緒に喜びあいたいと思います。そして、次のステップに踏み出したいと思います。

(更新日:2021年01月22日)

京都2区新春ダッシュオンライン集会

日本共産党京都2区新春ダッシュオンライン集会を開きました。

メイン企画はちさか拓晃衆院京都2区予定候補と「共産党入党宣言」で話題の小松泰信岡山大学名誉教授のオンライン対談。

そのほかにも、ソプラノ歌手のアンサンブルや、こくた惠二衆院議員のあいさつなどがありました。

私は、山本陽子市議と一緒に司会進行役。

その様子はユーチューブで見ることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=ZalsRHj6dVY&feature=youtu.be&fbclid=IwAR2BjkyKqTXTsiEuriStdCdl-cYAUpYZKmMIXQQOWF4bJ48WbjnJire9Zqg

(更新日:2021年01月10日)

市役所前で初出宣伝

今日は仕事始め。共産党京都市会議員団は、市役所前で初出勤の職員のみなさんに向けて朝宣伝。

こくた恵二衆院議員、井上さとし参院議員も参加。

住民の福祉の向上という、自治体本来の役割を果たす京都市への転換と、そのおおもとにある、国の政治の転換、野党連合政権をつくるために、ともに力をあわせましょう、と訴えました。

(更新日:2021年01月04日)

Page 1 of 5112345102030...Last »