4月16日

長女(高校3年)が春休み中に少し長めの旅行に行ってきたのですが、出発前にひと騒動ありました。

旅行前日、持って行く荷物をすべてスーツケースに入れ終えた時のこと。そのスーツケースには、ダイヤルキーがついているのですが、その暗証番号を確認しないまま、バタンと閉めてしまい、ダイヤルまでいじってしまったものですから、さあ大変。開けたくても開きません。色々と番号を試したり、暗証番号が書いてあった紙を探して、ごみ箱をひっくり返したりと、深夜まで大騒ぎ。何でそんなことになるのかと、長女と親で大げんかです。楽しい旅行の前にとんだハプニングでした。

さて、国連で核兵器禁止条約を検討する1回目の会議が3月下旬に開かれました。NGOの一員として日本共産党も参加したのですが、そこでうれしいハプニング。当初は予定になかったのですが、志位委員長が核廃絶に向けた演説を行う機会を得ることができたのです。

今回の検討会議は、被爆者や原水協をはじめとした核廃絶の運動が大きく広がる中で、国連に加盟する圧倒的多数の国が賛成したこと受けて開かれており、早ければ、7月にも核兵器禁止条約が成立するとも報道されています。

「核兵器の禁止が世界のルールになる」ということが現実味を帯びてきていることに、ワクワクしています。

(更新日:2017年04月16日)