1月21日

長女(高校3年)は受験の真っ最中です。がんばって勉強をしているなあ、と感心していますが、それ以上に感心するのは、居間のこたつに坐っている時は、極力動かず、なんでも用事を人に頼むことです。

先日は、新聞広告にマクドナルドの割引券が入っていたのを見つけた長女が、遊びに出かけようとしていた次女(中学1年)に、「ポテト買ってきて」とお願い。次女は帰る際に律儀にも買ってきました。そこで今度は長男(高校2年)に、「コーヒー入れて」とお願い。長男は「めんどくさ」と言いながらもコーヒーを入れていました。

妹の買ってきたポテトを食べながら、弟の入れたコーヒーを、こたつでぬくぬくとしながら飲んでいる長女。弟と妹は、なんでこんなにもかいがいしいのか、とても不思議です。

さて、安倍政権はアメリカにものを頼まれると絶対に断れません。トランプ大統領が来日した際に、露骨に武器を買うよう求められた際にも、即座に了解してしまいました。

これまでも、例えば、オスプレイをアメリカから17機も購入していますが、1機あたり100億円以上という莫大な金額です。オスプレイは、沖縄で墜落事故を起こすなど、事故を繰り返す欠陥輸送機です。こうした税金のムダ遣いを、今後さらに拡大しようという安倍政権の姿勢は許せません。

(更新日:2018年01月21日)