子ども部屋(コラム・『ひぐち英明ホッとコム』)

9月19日

コロナ禍の学生生活は、やはり、それ以前とは一変しています。長男(大学2年)は、昨年と比べると学校に行く機会も増えてきています。授業ではなく、自主的な活動として、同級生と一緒にオペラの練習などもしており、そうした活動は楽しいようです。

一方、みなが集まることができるようになりつつも、一緒にご飯を食べたりするのも気が引ける、まして旅行に行ったりということなど全く無理。昨年のように、同級生に合うことすらなかったときよりは今の方がましなのですが、友達と仲良くなっても、一緒に遊べない、というのは、それはそれでストレスがたまるようです。当然の感情だと思います。

公の責任で、コロナの対策をしっかりと行い、学生だけでなく、誰もが普通に生活ができる状況にすることが求められています。

ところが国は、公の責任を果たすどころか、コロナ対策にさえ、自己責任を押し付けてきています。そして、そのやり方を市長がそのまま京都市に持ち込んできています。

市長が決定した「行財政改革計画」は、様々な市民負担増と制度改悪を行おうというものであり、あらゆる分野において、自己責任を押し付けるものです。一方で、北陸新幹線などの巨大プロジェクトは推進。こうした政治を一刻も早く転換させましょう。

(更新日:2021年09月19日)

9月1日

次女(高校2年)が、部活が夏休みで久しぶりに岡山から帰省した時のこと。トイレの電気がついたままだったのを見つけて、「なんでつけっぱなしなん?」と指摘していました。

次女がまだ家にいる時から、我が家はあちこちの電気がつけたままのことがよくあるし、冷暖房中でも部屋の戸が開けたままというのが日常風景です。当然、次女もつけっぱなし、開けっぱなし、の一人だったと思うのですが・・・一人暮らしを始めて意識が変わったんだなあ、と変な感慨にふけっていました。

次女の声に反応したのは、今回のつけっぱなしの張本人である妻。「だってお母さんだから(仕方ないでしょ)」と、わけのわからない返答をしていました。

(更新日:2021年09月01日)

8月22日

次女(高校2年)の吹奏楽部が、吹奏楽コンクールで岡山県代表として、中国大会に出ることになりました。昨年はコンクールそのものがコロナ禍で中止になったので、次女にとって初めてのコンクールです。

頑張っている次女の演奏を聴きに行きたいのですが、岡山県大会は無観客での開催。中国大会は保護者だけは参加できるのですが、開催場所が島根県松江市。コロナの感染が爆発的に拡大している中で、聴きに行くには遠すぎます。京都の地から声援を送りたいと思います。

さて、コロナの感染拡大は京都でもいよいよ深刻さを増しています。すでに、入院が難しい状況が生まれつつあります。

こうした事態を受けて、18日から「入院待機ステーション」が府立体育館に開設されました。この施設は、入院が必要と判断された患者を、搬送先が決まるまで、とりあえず受け入れるということのようです。自宅待機よりはいいのかもしれませんが、入院が必要な患者さんが入院できない、治療を受けることができないという状況に変わりはありません。

国はいまだに、重症化リスクのある患者以外は「原則自宅療養」という方針を正式には撤回していません。こんな方針はすぐに撤回し、検査の拡充や医療への支援など、とにかく、命を守るためのあらゆる対策に、国や自治体が責任を持って当たる必要があります。

(更新日:2021年08月21日)

8月5日

長女(大学4年)が授業の実習で、訪問看護に行った時のこと。高齢の患者さんを訪問した時、その方が長女を見て「かわいいなあ」と言ったそうです。すると、普段介護をしているお連れ合いさんが「(普段はほとんど反応がないので)久しぶりに声を聞いた」と、とても喜んでくれたとのこと。長女もうれしかったようで、「患者さんのひと言と、おばあちゃんの表情は、一生忘れないと思う」と電話で妻に話していました。

こうした経験が、長女のこの先の人生の糧になっていくんだろうな、と思います。

(更新日:2021年08月05日)

7月18日

岡山の次女(高校2年)から、冷凍庫の中の小分けにしたおかずの写真が送られてきました。

次女は、一人暮らしのアパートで毎日自炊をし、お弁当も持って行っています。しかし、朝は部活の朝練、放課後も当然部活で、帰ってくるのは夜遅く。毎日へとへとです。そこで、少しでも時間のある時に、お弁当用におかずをつくって、冷凍庫で凍らせているとのこと。「私頑張っているでしょ。だからこのことを『ホッとコム』に載せておいて」と、妻に伝言があったそうです。

毎日、本当に頑張っています。ちゃんと『ホッとコム』に載せておきますよ。

さて、東京でコロナの感染が拡大しています。専門家のみなさんが、指摘した通りの状況が進んでいます。このままでは医療がひっ迫し、救える命も救えない事態が、また引き起こされてしまいます。

感染の拡大を防ぐためのあらゆる対策をとることが求められているのに、政府の対策は相変わらず全く不十分なまま。その上、オリンピックを東京で開催するなど、感染の拡大に拍車をかけるものでしかありません。

これまで頑張ってきたトップアスリートのみなさんにとっては、オリンピックの中止など受け入れがたいことだと思います。しかし、感染が拡大している今は、オリンピックは中止し、多くの国民の命を守ることを優先するべきです。

(更新日:2021年07月18日)

7月1日

6月は私たち夫婦の結婚25周年でした。その日、ケーキを2つ買って帰ったところ、妻が「2つだけか~」との感想。そう、少ないんです。長女(大学4年)は長野、次女(高校2年)は岡山で学生生活、長男(大学2年)はバイトで留守。2人でケーキを食べました。

そのケーキの写真を次女に送ったところ、「お父さんとお母さんが仲が良くてよかった」との反応が返ってきたので、少しビックリ。仲が悪いと感じていたのか、ほかに何か感じるところがあったのか・・・真意はよくわからないので、次に会った時にでも聞いてみようと思います。

(更新日:2021年07月01日)

6月20日

長女(大学4年)から、お金の援助を求める連絡が入りました。卒業に向けての準備のための袴のレンタル費用がほしい、とのことでした。

コロナ前までは、アルバイトでそれなりに生活費を稼いでいたので、長女が、普段の仕送り以外に援助を求めてくることはありませんでした。ところが、コロナ禍では、バイトもとぎれとぎれになり、今年は、卒業に向けての実習などが忙しく、とてもバイトどころではないとのことです。

さて、毎週のように、左京各地で連帯ひろば(食糧支援&生活相談)が取り組まれています。参加されてくる方の実態をお聞きしていると、くらしや仕事の支援を必要としている方の多さと、その切実さに胸が痛みます。同時に、行政の支援の弱さに憤りを感じます。年代も、学生から子育て世代、高齢者に至るまでの幅広い世代が集まってきます。

これだけくらしの実態が厳しさを増している時に、京都市が「行財政改革計画(案)」を発表し、更なる市民負担増と、市民のための施策の切り捨てを、大規模に行う宣言をしました。あまりにも現場の実態を知らない、市民の声を聞かない市長に怒りが爆発します。

声をあげれば政治は変わります。世論と運動の力で、くらしを支援する政治へと転換させましょう。

(更新日:2021年06月20日)

6月1日

先日、お菓子が宅配便で届きました。宛名は「樋口英明」、私です。差出人は誰かと見ると「樋口英明」、こちらも私でした。しかし、私には全く覚えがありません。

恐る恐る開けてみると、長野県上伊那のお菓子。ピンときた妻が、長女(大学4年)に電話すると、「お父さんの誕生日祝いに送った」とのことでした。うれしい話です。モンブランのケーキと栗のコンフィチュール(ジャムのようなもの)。とてもおいしくいただきました。

でも、なぜ、長女は差出人を「樋口英明」にしたのか?そこは今でも謎のままです。

(更新日:2021年06月01日)

5月16日

長女(大学4年)が、卒業式に袴を着たいということで、レンタル屋さんに試着しに行った時の写真を送ってきました。もう卒業とは、早いものです。

最近は卒業式と言えば袴が定番ですが、長女が小学校の時は、なんちゃって制服(高校の制服に似せたような服)がはやりでした。次女(高校2年)の小学校の卒業式では、すでに袴が大勢となっていました。時代を感じさせます。

さて、京都市が改悪しようとしている敬老乗車証が創設された1973年当時、市バスの運賃は50円でした。時代を感じさせます。その当時と比べて、京都市が敬老乗車証制度のために使っている予算が膨れ上がっている、と盛んに宣伝しています。しかし、物価の上昇などを全く度外視して増えた増えたと宣伝するのは、市民に正確な情報を伝えないまま、市民を惑わす宣伝をしていると言わざるを得ません。

また、敬老乗車証に予算をつけていることが、あたかも若い世代に負担を押し付けているかのような説明がされてています。世代間の対立をあおる表現も、国や京都市の常とう手段です。こうした情報に惑わされることなく、コロナ禍の今だからこそ、市民のくらしを支える施策を充実させるために、力を合わせましょう。

(更新日:2021年05月16日)

5月1日

ゴールデンウイークの5月5日に、次女(高校2年)の通う岡山の高校の吹奏楽部の演奏会が、京都コンサートホールで行われる予定でした。しかし、京都に「まん延防止等重点措置」が適用された段階で中止に。私も妻もがっかりです。

中止が決まった直後に次女は、「地元でコンサートができることうれしいんじゃなくて、地元の人が見に来てくれることがうれしくて、幸せなことなのに、それがなくなってしまって悲しい」と言っていました。

こんな次女の気持ちを思うと、なんともやりきれない気持ちばかりが残ります。

(更新日:2021年05月01日)

Page 1 of 161234510...Last »