子ども部屋(コラム・『ひぐち英明ホッとコム』)

9月18日

夏休みに次女(高校3年)が岡山から京都に帰省してきていた時のこと。妻がトイレの電気をつけっぱなしにしていたら、次女が「お母さん、またつけっぱなしやで」と指摘。妻は「お母さんには、そういう機能がついていないねん」と開き直っていました。

3人の子どもがまだ小さいころ、このコラムで「子どもには扉を閉めるという機能がついていない、扉の向こうにある世界のことで頭がいっぱいだから」という言葉を紹介したことがあります。

今はその立場が逆転して、親が子どもに指摘されるようになっています。はたして妻は、電気をつけたまま、その向こうの世界のいったいどんなことに心を奪われているのでしょうか?

さて、先週の日曜日に、沖縄知事選挙が行われ、デニー玉城知事が勝利。辺野古への新基地建設ノーの審判がまたもや下されました。ところが、岸田政権は選挙結果が出た直後に、辺野古への基地建設を進める考えを表明。岸田首相にも、国民の声を聞く機能はないようです。

しかし、あきらめるわけにはいきません。沖縄への基地の押し付け、さらに、日本への基地の押し付けは許さない、との運動を大きく広げ、米軍基地のない安全な日本をご一緒につくっていきましょう!

(更新日:2022年09月18日)

9月5日

岡山でひとり暮らしをする次女(高校3年)への仕送りは郵便貯金を利用しています。今は、コンビニエンスストアでも引き出すことができるので(手数料はかかりますが・・・)、部活で遅くなることが多い次女にとっては便利です。

その次女の郵便局のカードが拾われて警察にあると、我が家に連絡があったのでびっくり。あわてて次女に連絡したところ、なくしていたことに気づいていなかったというのですから、のんびりしたものです。

良心的な方に拾っていただけたことに感謝するばかりです。

(更新日:2022年09月05日)