子ども部屋(コラム・『ひぐち英明ホッとコム』)

6月19日

ツイッターのアイコン(自画像)を変えました。顔写真を編集して、中央の顔の周りに複数の顔が薄く重なっているという感じの写真です。

それを見た長男(大学3年)が「それ、バルタン星人やろ」と言ってきたので、何のことだかさっぱりわかりませんでした。インターネットで調べてみると、バルタン星人(初代ウルトラマンに出てくる怪獣)が分身の術を使うシーンがあり、その映像とよく似ている、と感じたようです。

バルタン星人は知っていましたが、そんなシーンがあることは知りませんし、長男がそのシーンを知っていることも驚きです。ユーチューブか何かで、ウルトラマンをよく見ているのでしょう。

さて、先日の議会で、他会派の議員が何を言いたいのか、さっぱりわからないことがありました。消費税減税を国に対して求めてほしいという議会請願の審議をした時のことです。

共産党はぜひ採択して、議会として国に減税を求めようと呼びかけましたが、他の会派の議員は理由も何も言わずに、ただ、反対というのみ。

市民からの切実な願いを否決しようというのですから、少なくともなぜ反対するのか、その理由を説明しなければ、何も伝わりません。市民には、自分たちの考えを述べる必要はないと思っているのだとすれば、あまりにも不誠実な態度です。

(更新日:2022年06月19日)

6月1日

我が家が、夫婦と長男(大学3年)の3人暮らしになって、3年目を迎えています。それぞれがそれぞれの時間を過ごしているので、3人一緒にご飯を食べる機会が少なくなっています。

それでも妻は、自分で晩御飯をつくる時には、家族の分もつくっていました。ところが最近は、長男は適当に外食してくることも多く、そんな時は、せっかくつくったごはんが無駄になってしまっています。

ある夜のこと。私と妻の2人で御飯を食べたあと、「子どもに何も残っていないなあ」とつぶやくと「(お昼の残りの)カレーパンがある」と妻。カレーパンすらなくなる日も近そうです。まあ、なければないで、長男は適当に自分でつくるのですが・・・

(更新日:2022年06月01日)