活動日誌

大門みきし参院議員の経済講演会

左京区において、大門みきし参院議員を講師に、経済講演会「やさしく強い経済」を開きました。

消費税5%への減税をはじめ、中小企業への支援で働く人の賃金を上げること、社会保障の充実を図ることが、経済の活性化にとっても重要との指摘。さらに、その財源として、アベノミクスの特別優遇施策で内部留保を130兆円も増やした大企業の、その130兆円部分に特別な課税を行うという提案を、今回初めて行ったことなどが紹介されました。

この間、財界の要望に応じて社会保障が次々と改悪されてきていますが、ヨーロッパでは社会保障を改悪する、という発想はそもそもなく、なんとかやりくりで工夫して維持しよう、と考えるとのこと。日本も早くヨーロッパ並みの資本主義、つまり民主主義が発揮される社会を実現させたいと感じます。

(更新日:2022年06月12日)

3年ぶりの住宅デー

京建労のみなさんが住宅デーを開催。「地域の身近な職人さん」を知ってもらうための取組で、包丁研ぎや住宅相談などを行っています。

コロナの影響で2年連続で中止していましたが、今年は少し規模を縮小させながら、左京でも11会場で開催。会場を表敬訪問しながら、話をお聞きしましたが、資材が高騰して大変、との話がどこででも話題に。これまで外国産材に頼っていたものを見直して、国内の木材を使える仕組みをつくるべきでないか、との話も出されましたが、その通りです。

(更新日:2022年06月12日)

たけやまさいこさん(参院/京都)と一緒に各地で宣伝

参院選に向けての左京の事務所開きの日の午前は、たけやまさいこさん(参院/京都)と一緒に岩倉・修学院で宣伝。

事務所開きを挟んで、午後からは、一乗寺の後援会のみなさんと住宅街で宣伝。憲法9条でこそ市民の命が守れること、経済の活性化策などについて訴えて回りました。

(更新日:2022年06月11日)

左京の事務所開き

参議院選挙が間近です。日本共産党の躍進目指して、左京の事務所開きを行いました。

たけやまさいこさん(参院/京都)、倉林明子参院議員が支援の呼びかけをしたほか、あすかい病院院長先生、梶川京都総評議長などが共産党への期待を話されました。

(更新日:2022年06月11日)

左京区・一乗寺の山林を視察

左京区一乗寺の住宅地に隣接している山の谷筋は、どこも荒れてしまっています。昨年の大雨の際にはあちこちの谷筋から土砂が流出し、昨年だけで2回も白川通が土砂まみれになりました。

今年も雨の時期が近付いてきたということで、地域の方と一緒に一乗寺近辺の谷筋を見て回りましたが、危険な状態です。昨年も市に対して対策をお願いしましたが、府と市が協力して対策をしないと、また被害が出てしまいます。

一カ所だけ、市の里道が陥没していた場所は、復旧の工事が行われていました(今年の3月に行われたもの)。

(更新日:2022年06月04日)