活動日誌

社会保障の拡充と消費税5%への減税を

京都社会保障推進協議会が隔週で、社会保障の拡充と消費税5%への減税を求める宣伝をしており、今回、私も参加。

宣伝中に若い方が立ち止まり、いくつか質問を受けた後、「ネットで社会保障について発信しているので、何か一緒に取り組めることがありますか」と声をかけていただきました。

こんな反応があるとうれしいものです。

(更新日:2022年04月27日)

要望や運動は必ず次につながる

朝は百万遍交差点で、左京区選出の共産党府市会議員がそろって、京都府知事選挙の報告などの宣伝。

かじかわ憲候補に、ご支援・ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。

当選には届きませんでしたが、みなさんからの要望や、改善に向けて取り組まれた運動がなくなるわけではありません。それらを力に、さらに政治の転換に向けて力を尽くします。

(更新日:2022年04月11日)

北陸新幹線よりも暮らしや命を守る予算を

午後から、かじかわ知事候補への支持を訴えて、上高野でメガホン宣伝とエイデン宝ヶ池前でプラスター宣伝。

通りがかった方から「いれたよ」などの声がかかるとともに、白川通を通る車の中からも手を振ってくれる方が多数。

午前は、花背峠以北の方と電話で対話。北陸新幹線よりも、減らされた京都バスの本数を増やすことこそ、行政の役割、と話すと、がんばって、と励まされました。

(更新日:2022年04月09日)

最後までのがんばりでかじかわ知事の実現を!

左京区岩倉の村松団地集会所でかじかわ憲個人演説会。かじかわ候補の一つひとつの具体的な政策に、参加していたみなさんから盛大な拍手。

他の応援弁士(子育て、医療、平和など)の訴えにもみなさん共感。みつなが府議の、「最後までのがんばりでかじかわ知事実現の道を切り開こう」との訴えにたくさんの方がうなずいていました。

花背峠以北から参加されていた方も、「演説会って眠くなるかと思っていたら、まったくそんなことなかった。よくわかりました」と言って帰られました。

(更新日:2022年04月07日)

かじかわ知事の実現で京都市の福祉の下支えを

朝は花園橋で宣伝からスタート。その後、宣伝カーで岩倉~修学院の住宅地でこまめに止まりながら、短いスポット宣伝。

一緒に弁士で乗っていただいた保育士さんが、門川市長が保育の補助金を13億円もカットしたことへの怒りとともに、かじかわ憲候補が、府として福祉の下支えを行い、京都市にも福祉の充実を働きかける、と言っていることを紹介し、かじかわ知事を実現したい、と訴えていたことに大いに共感しました。

夕方は、市原・鞍馬街道沿いでプラスター宣伝、岩倉で病院前のお帰りなさい宣伝。さらに、百万遍交差点で、ロシアのウクライナ侵略に抗議するアピール行動。

(更新日:2022年04月06日)

修学院小学校でかじかわ憲個人演説会

修学院小学校の演説会。かじかわ知事候補は参加できませんでしたが、候補者代理に地元の福山和人弁護士が登場。

それ以外にも、駒込京大教授、ジャーナリストの守田敏也つなぐ京都2022共同代表、勝野京都医労連委員長、みつなが敦彦府議、大門みきし参院議員など、多彩な弁士が登場。

特に印象に残ったのは、駒込先生のかじかわ候補への期待と学生への支援が切実に求められているという訴え。とつとつとした口調でしたが、とても心を打つ内容でした。

また、守田敏也さんが、かじかわ候補が市民運動をしている方々からの熱い思いを受けて立候補した経緯を紹介した話にも感動。

(更新日:2022年04月05日)

出町柳駅・岩倉・市原で宣伝

かじかわ知事の実現に向けて、出町柳駅前で朝宣伝をした後、中村和雄弁護士と一緒に岩倉・市原を宣伝カーで回る。

沿道からは、期待の声がよくかかりました。

夕方は、四条烏丸で街頭演説会。小池晃日本共産党書記局長も応援に駆け付けました。

(更新日:2022年04月02日)

かじかわ憲知事候補が岩倉で宣伝

かじかわ憲知事候補が左京各地で街頭演説会。

岩倉では、地域の方が存続を望んでいたにもかかわらず、3月25日に廃止された岩倉証明書発行コーナーの前で訴え。地域の身近な役所を廃止するのではなく、充実させて、住民の命と暮らしを守る、との力強く訴えたかじかわさん。

北陸新幹線や北山エリア開発など、大型プロジェクトに予算を使うのではなく、命とくらし、生業を守るかじかわ知事を実現しましょう!

岩倉での街頭演説会の前は、その周辺をねり歩き宣伝。夕方は、修学院駅前でおかえりなさい宣伝。

(更新日:2022年04月01日)