活動日誌

かじかわ憲さんで命と暮らし府政実現しようと各地で宣伝

午前中は、かじかわ憲さんを知事へと押し上げよう、ということで、つなぐ京都2022の宣伝カーで左京各地を宣伝。宗川京都工芸繊維大学名誉教授も一緒に訴えました。

市原では、桜のつぼみが膨らみつつあり、一部、早咲きの桜が開花していました。

午後からは、井上さとし参院議員と一緒に、ロシアのウクライナ侵略に抗議する宣伝。ここでも、この京都から日本の平和憲法にもとづき、世界に向けて平和の発信をすると訴えるかじかわ憲さんこそ知事にふさわしい、と訴えました。

(更新日:2022年03月21日)

かじかわ憲さんを知事に押し上げよう!!

かじかわ憲さんを知事に押し上げようと、府民大集会が行われました。

かじかわさんの思いがよく伝わった集会。

私が特に印象に残ったのが、かじかわさんの応援の訴えをした保育士さん。京都市に不当な扱いを受け解雇され、裁判闘争をたたかった方ですが、その保育士さんたちを常に支えたのがかじかわさんとのこと。この保育士さんたちのたたかいが、必ず次のたたかいにつながると励ましたのが、かじかわさん。

人の心を動かす、それも前向きに動かす、心のこもった言葉を体中にみなぎらせているのが、かじかわ憲さん。知事に押し上げたいと心から思います。
集会の前に、修学院で、共産党の後援会として、かじかわさんの宣伝もしました。

(更新日:2022年03月05日)