子ども部屋(コラム・『ひぐち英明ホッとコム』)

6月20日

長女(大学4年)から、お金の援助を求める連絡が入りました。卒業に向けての準備のための袴のレンタル費用がほしい、とのことでした。

コロナ前までは、アルバイトでそれなりに生活費を稼いでいたので、長女が、普段の仕送り以外に援助を求めてくることはありませんでした。ところが、コロナ禍では、バイトもとぎれとぎれになり、今年は、卒業に向けての実習などが忙しく、とてもバイトどころではないとのことです。

さて、毎週のように、左京各地で連帯ひろば(食糧支援&生活相談)が取り組まれています。参加されてくる方の実態をお聞きしていると、くらしや仕事の支援を必要としている方の多さと、その切実さに胸が痛みます。同時に、行政の支援の弱さに憤りを感じます。年代も、学生から子育て世代、高齢者に至るまでの幅広い世代が集まってきます。

これだけくらしの実態が厳しさを増している時に、京都市が「行財政改革計画(案)」を発表し、更なる市民負担増と、市民のための施策の切り捨てを、大規模に行う宣言をしました。あまりにも現場の実態を知らない、市民の声を聞かない市長に怒りが爆発します。

声をあげれば政治は変わります。世論と運動の力で、くらしを支援する政治へと転換させましょう。

(更新日:2021年06月20日)

6月1日

先日、お菓子が宅配便で届きました。宛名は「樋口英明」、私です。差出人は誰かと見ると「樋口英明」、こちらも私でした。しかし、私には全く覚えがありません。

恐る恐る開けてみると、長野県上伊那のお菓子。ピンときた妻が、長女(大学4年)に電話すると、「お父さんの誕生日祝いに送った」とのことでした。うれしい話です。モンブランのケーキと栗のコンフィチュール(ジャムのようなもの)。とてもおいしくいただきました。

でも、なぜ、長女は差出人を「樋口英明」にしたのか?そこは今でも謎のままです。

(更新日:2021年06月01日)