活動日誌

こくた・ちさか街頭宣伝

こくた恵二衆院議員、ちさか拓晃衆院京都2区予定候補と、左京の府市会議員がそろって、左京各地で街頭宣伝を行いました。

「Go To トラベル」キャンペーンは、コロナの感染拡大の時期に「旅行に行こう」と呼びかける内容であり、そこに税金が1.7兆円も使われることなど、安倍政権の政治があまりにひどいことに、多くの国民から批判の声が出されています。

早ければ秋にも解散・総選挙と言われています。市民と野党の共同をさらに前に進めて、安倍政権を退陣させるためにも、日本共産党を強く大きくしてください。

(更新日:2020年07月23日)

追いつめられる安倍政権

昨日は修学院の北山白川交差点で街頭宣伝・演説会、今日は岩倉で演説会を行いました。

井上さとし参院議員国会対策委員長、ちさか拓晃衆院京都2区予定候補、みつなが敦彦府議と私が訴えました。

安倍政権が新型コロナの対応をおろそかにしながら、河井議員夫妻の選挙違反、検察庁法案など、政治の私物化を行ってきたことに対して、多くの国民が批判の声をあげています。

さらに、コロナの対応では、医師会や知事会・市町村会などからも国に対する意見が相次ぎ、自民党の中からも、消費税減税や医療の充実の要望が突き付けられるなど、安倍政権が追い詰められている状況がよくわかる話でした。

市民と野党の共同をさらに前に進めるためにも、共産党を強く大きくしてください。

(更新日:2020年07月12日)

左京ピースアピール宣伝に147人

原水爆禁止左京区協議会が、ピースアピール宣伝に取り組みました。毎年、この時期に行われていた市内網の目平和行進が、今年は新型コロナの影響で中止になったため、その代わりの取り組みとして、左京区で行われたものです。

岩倉から熊野交差まで、6カ所で核兵器廃絶に向けたアピール宣伝に取り組み、その6カ所を宣伝カーが音を流しながら回るという企画で、6カ所に合計147人もの方が参加しました。

核兵器禁止条約の批准も39か国まで進み、あと11の国が批准すると条約が発効します。
世界から核兵器をなくすまで、運動を広げましょう!

(更新日:2020年07月11日)

左京でも土砂崩れで道路が通行止めに

昨日、今朝と、京都市内各地で土砂崩れが発生しています。

左京区でも、貴船神社奥宮までは問題なく通行できますが、そこからさらに800mほど先(京北側)の山中で土砂崩れが発生し、通行止めとなっています。

また、花背峠も、鞍馬温泉までは問題なく通行できますが、そこからさらに700mほど先(花背別所側)の山中で土砂崩れが発生し、通行止めとなっています。

両方とも現地に行ってきましたが、2年前の豪雨や台風の際に倒れかかっていた木などが今回の雨で倒れ、土砂とともに流れ出している、という様子でした。

土木事務所も早急に復旧を目指す、としていますが、安全を確保しながらの作業が絶対に必要ですし、土砂と倒木の量も多いので、少し時間がかかりそうです。

府道361号線の現場

府道広河原美山線の現場

(更新日:2020年07月08日)