子ども部屋(コラム・『ひぐち英明ホッとコム』)

6月21日

次女(高校1年)の高校が6月から始まるということで、岡山の一人暮らしが再開されて、20日ほどが過ぎました。心配な妻が、毎日のように電話をしていると「私、心配されるようなこと何もしていないけどなあ」と言っていたとのこと。

いえいえ。引っ越してすぐに、電子レンジのガラスのターンテーブルを落として粉々にしたり、お店を2軒はしごして買ったお気に入りの傘を、そのまま次のお店に忘れてきたりしていましたよ。それでも、毎日の生活はそれなりにこなしているようなので、まあ、少しは安心していますが。

さて、市内の小中学校も再開され、2週間ほどは、クラスを半分に分けて交互の登校でしたが、今は通常の授業に戻り、多いクラスは40人近い子どもが狭い教室で授業を受けています。3密が大変というだけでなく、長い休校期間を経て学校に通っている子どもたちが、友達のこと、勉強のこと、コロナウイルスのことなど、様々な心配事やストレスを抱えての授業となっています。そうした子どもたちに、しっかりと寄り添った対応を行おうと思ったら、40人学級など論外です。

30人、できれば20人程度のクラス編成にするだけの先生の増員と、教室の確保が急がれます。

(更新日:2020年06月21日)

6月1日

新型コロナの緊急事態宣言が解除され、次女(高校1年)の授業が始まるということで、岡山の下宿先に戻りました。いよいよ岡山での高校生活がスタートすることになり、口にはしていませんでしたが、不安な気持ちがときおり垣間見えました。

長男(大学1年)は、オンライン授業のみで、学校には行っていません。ほとんどの時間を家で過ごしていますが、大きなストレスを抱えているようでもありません。そのことを本人に聞くと、「(浪人をしていた昨年に続いて)2年目やしなあ」とのこと。きょうだいの中で一番ぬくぬくとしているのが長男です。

(更新日:2020年06月01日)