活動日誌

こんな京都にしたいなぁ 要求交流 左京のつどい

来年1月告示の京都市長選挙に向けて、「こんな京都にしたいなぁ 要求交流 左京のつどい」が開かれました。

民主市政の会代表委員の梶川さんから基調報告。福祉や暮らしや防災などが切り捨てられ、小学校跡地の民間提供や京都市美術館のネーミングライツや高さ規制の緩和で景観と暮らしの破壊などが進められていることの根底にあるのは、安倍政権が進める大企業や外国資本の大企業さえ儲かればいいという方針を持ち込んだものであること。このことを跳ね返すためにも、地方自治を発揮できる市長を誕生させよう、との報告。

戦争をさせない左京1000人委員会の内富さんから連帯のご挨拶。市民と野党の共闘に力を尽くしてきたこと、この間、戦争をさせない左京市民アクションを粘り強く続けてくる中で、連帯が広がっていること、青年は働きかければ応えてくれることなどを話され、市民が政策づくりを行うような京都市にしていこう、と呼びかけられました。

その後、保育や介護、中学校給食、30人学級、観光公害、まちづくり運動など、現場の実態や運動の進展などについてたくさんの方から発言がありました。市議会の様子は加藤あい市議団幹事長から報告。

「何としても市長を変えて、市民の声を聴く市政を実現したい!」との思いがたくさん寄せられたつどいになりました。

(更新日:2019年10月31日)

集団の英知への信頼

内田樹さんの講演「表現の自由と表現の抑制について」に参加しました。安倍9条改憲NO!左京市民アクションと自由と平和のための京大有志の会が主催です。

とても刺激的なお話でした。

今、日本に必要なものは国力を増大させること、この時の国力というのは人間が豊かに生きるということ、とのお話。そのためにはそれぞれが好きなことをすること、自由に表現すること、その中で、どうかと思うことも出て来るが、それは「集団の英知が発揮されることへの信頼がある」ということをさまざまな角度から話されました。

会場は、私を含め、入りきれない参加者がロビーにまであふれる盛況ぶり。

(更新日:2019年10月30日)

保育園の給食費への補助制度の実現を

左京区の保育園長会と保育士会のみなさんと左京区選出市会議員との懇談会が開かれました。

幼保無償化ということで10月から3歳~6歳児の保育料が無償化されましたが、それまでは保育予算に含まれていた副食費が保育予算から外され、別途、保育園が徴収することが義務付けられました。

今日の懇談会で園長先生から、「うちの保育園では副食費の実費として5,200円を徴収することになる。この負担を求める世帯で、一番保育料が安かった世帯は約5,600円なので、わずか400円程度の値下げにしかならない。一方、一定の収入のある世帯は、保育料が5万円以上で、それが無料になり5,200円の副食費で済むことになるのは、どうなのか」と言われていました。この疑問はその通りだと思います。

園長会・保育士会・保護者会の要望である、副食費への補助制度の創設は、当然の願いと思います。

(更新日:2019年10月30日)

2020年度京都市予算編成に向けた要望書提出

昨日、共産党市議団として、2020年度京都市予算編成に対する要望書を提出しました。

国が大型事業や軍事費への予算を増やしながら、社会保障を改悪し、地方への予算も減らしています。

その結果、市民の暮らしと中小企業の営業を圧迫していますから、京都市は国に対してしっかりとモノを言わなければなりませんし、市独自にも暮らしの底上げの施策をしなければなりません。

そうした市政を実現するための要望書を作成しました。

来年1月19日告示の市長選で市長を変えることが、実現のための一番の早道です。

要望書はこちらをクリック(PDF)

(更新日:2019年10月24日)