子ども部屋(コラム・『ひぐち英明ホッとコム』)

2月17日

長男(高校3年)の大学受験が間近に迫っています。「受験の準備はどうや」と聞くと「ラーメンづくりみたいなもんや」とのこと。その心は、「なかなか難しくてうまくいかない」とのことです。

ここでラーメンづくりが出てくるとは恐れ入りました。麺を小麦粉からつくり、スープも鶏がらを煮込んで、こだわりのラーメンづくりをしていることは以前紹介しましたが、大学受験の準備と話がつながるとは思いませんでした。でも、妙に実感がこもっていて、思わず納得してしまいました。

さて、私は労働者の賃上げをしっかり行いたいとの訴えを一貫して行っています。すると先日、ある工務店の事業主さんが、「必要だとは分かっているんだけど、正直な話、わしにとっては耳の痛い話や」と実感を込めて言われました。

確かに、これだけ景気が悪いときですから、事業主としては職人の給料をあげるということは、なかなか難しい話であることはよく分かります。一方で、一緒にいたもう一人の事業主さんが、「でも、建設業界の今の給料は安すぎる、ということを、世間に知ってもらうことは必要」と言われていました。本当にその通りです。

中小業者の支援と、労働者の賃上げの両方の実現に向け力を尽くします。

(更新日:2019年02月17日)

2月5日

次女(中学2年)が、「最近、お父さんとあまり話していないなあ」とつぶやいていたと、妻から聞きました。選挙前ということもあり、忙しくしていることが多いからなあ、と一瞬反省しましたが、よく考えてみたら、一緒にいるときでも、次女はスマホに夢中で、話をしていないことも多いというのが真実です。

スマホは気になりだしたら見続けてしまうし、ゲームもなかなかやめられないようで、付き合い方が難しいと感じます。

(更新日:2019年02月05日)