子ども部屋(コラム・『ひぐち英明ホッとコム』)

12月16日

次女(中学2年)がある時期悩みを抱えていました。思春期ですから、いろいろな悩みを抱え、解決しては、また悩み、ということを繰り返しています。

しばらくしてから、次女が妻のママ友に会った時に、「もう大丈夫?」と何人かから声をかけられました。次女は家に帰ってから妻に「なんで人に話したんや」と怒りました。「みんなが心配してくれたんやで」と妻が言うと、「私は心配され慣れていないから、なんて返事していいか困った」と次女。「心配され慣れていない」との感覚は予想外の反応です。一人で悩まず、みんなに心配してもらうのは大事なことですし、その経験が生きて行く上での安心感につながると思います。

さて、今、生活に困窮する方が増えてしまっています。困っている時に相談できる場所が身近にあることは、安心感につながります。ところが、その相談窓口であるはずの区役所で、相談件数が減っている、との報告がありました。具体的には税金の納税相談の件数です。

市民の暮らしが格段に向上しているならまだいいのですが、貧困と格差が広がる中で、相談件数が減っているというのは、相談しにくい仕組みとなっているからにほかなりません。さらに市長が、「相談件数が減っているから、区役所の税の相談窓口をなくす」という提案をしていることは、許し難い話です。

(更新日:2018年12月16日)

12月5日

長男(高校3年)の学校の保護者会があり、妻が出席しました。そこで友達のお母さんから声がかかったのが、「息子さんはラーメンを麺からつくってすごいね」ということ。

確かに小麦粉から麺を打ち、鶏がらでスープをつくり、おいしくできていましたが、それを友達に写真まで送っていたとは・・・。まあ、趣味が多様なのはいいことと思いますが、友達のお母さんのところまで話が広がっているとは思いもよりませんでした。

(更新日:2018年12月05日)