活動日誌

台風21号被害

9月4日の台風21号の通過からあっという間に1週間。左京各地の被害の現場を回っていますが、深刻な実態が広がっています。

いまだに停電のままの地域が多数残され、道路が寸断されているところも残されています。電話も通じない地域では、緊急の連絡すらままならず、2次被害が広がらないか心配です。

今回の台風は、風の被害が多く、山際での倒木による被害が多いことが特徴です。本当に心が痛みます。

住宅の再建、電気の復旧、道路の復旧など、生活の再建を急ぐととともに、荒れた山を元気にするための方策を考え、実行に移さなければなりません。

(更新日:2018年09月10日)