子ども部屋(コラム・『ひぐち英明ホッとコム』)

6月18日

わが家の居間のライトは、スポットライトの形状のものが4つ、直線に並んでいて、普段は部屋全体を照らせるように様々な方向を向いています。その居間に置いてある姿見鏡の前で、長女(高校3年)はよくファッションショーをしています。

その日も長女がファッションショーを始めたのですが、なんと、長女の立つ位置に光が集中するようにライトの角度を変えて、まさに舞台上でスポットライトを浴びるかのように鏡の前でポーズを決めていました。当然、部屋全体を見れば暗い場所ができてしまうわけで、その中で本を読んでいたのが長男(高校2年)。文句も言うのもあきらめているようで、冷めた口調で「終わったらライトを直しておいてや」と言っていました。

さて、文句を言わず諦めてしまう訳にはいかないのが、「共謀罪法案」(テロ等準備罪法案)です。国民誰もが監視対象になり、盗聴・盗撮を警察が堂々と行えるようにしようというのですから、戦前の治安維持法と瓜二つと言われるのも当然です。世論調査でも政府の説明が不十分という方が約8割。この国会で通すべきでないという方が約6割。国連の人権問題の専門家(特別報告者)から、「プライバシーや表現の自由が制約される」と厳しく批判もされています。

共謀罪法案の廃案に向け、力を合わせましょう。

(更新日:2017年06月18日)

6月1日

5月の第2日曜日は母の日です。「今日は母の日やで」と妻が次女(中学1年)に声をかけたところ、「お父さんは(父の日でも)そんなことは言わない」との返事。

なかなかつれないことを言うようになったなあと思っていたら、ちゃんとプレゼントのシュークリームが買ってありました。

(更新日:2017年06月01日)