子ども部屋(コラム・『ひぐち英明ホッとコム』)

3月15日

長男(中学2年)の期末試験が終わりました。試験1週間前から部活動がなくなるため、どうやらストレスがたまるようです。テスト期間になるたびに、ブロックをしたり、プラレールをしたりと何かにはまってきましたが、今回は、歌ばかり歌っていました。それも家じゅうに響き渡るようなかなり大きな声で。

その成果が出たのか、音楽の歌の試験は「かなりうまく歌えた」とご満悦です。

さて、安倍首相の顔を見るたびにストレスが増すのは、私だけではないと思います。先日も自民党大会で「憲法改正」を行う決意を述べたと、写真入りで報道されていましたが、何かに取りつかれたように語る姿に違和感を覚えます。国会で、共産党が介護保険や労働法制などを追及した際に、官僚の書いた答弁書を棒読みする姿とはあまりにも違います。

しかし、自民党の中からも安倍首相に対する批判が絶えません。自民党の予定候補が、安倍首相に推薦してもらっていることを自分のチラシに大きく載せようと思ったら、支援者から「票が減るからやめておけ」といさめられたそうです。

4月の選挙は、安倍政権の暴走政治にストップをかける絶好のチャンスです。

(更新日:2015年03月15日)

3月5日

次女(小学4年生)が漢字の宿題をしていました。「薬は何でクサカンムリにタノシイなんやろ。苦いから楽しくないのに。病気が治ってうれしいんだから、クサカンムリにウレシイならわかるけどなあ」とつぶやいていました。

こうした感覚は大事だなあと思います。

(更新日:2015年03月05日)