活動日誌

左京まちづくりプラン案提案

日本共産党左京地区委員会主催で、「暮らし・経済・まちづくり懇談会」をグランドプリンスホテル京都(旧宝ヶ池プリンス)で行い、120人の方に集まっていただきました。

この日は、大門みきし参議院議員に、共産党の経済政策について、ユーモアを交えて話していただき、続くいて、みつなが敦彦府会議員から、共産党の「左京まちづくりプラン(案)」を報告しました。

私は、地域でまちづくりの運動に取り組んでいる方の実践紹介として、花背等以北の5つの自治会が「北部まちづくり委員会」をつくって、継続的に山間地域での活性化対策に当たっている取り組みを紹介しました。

その後、会場から質問やそれぞれの地域や分野で頑張っていることなどの発言がたくさん出され、当初予定時間をオーバーしてしまうほどでした。

参加されたみなさんからは、「まちづくりプランを聞いて、いろいろとイメージ膨らんでとてもわくわくした」「地域で頑張っている方たちの話が聞けて良かった」などの感想が寄せられました。

これから、さらにまちづくりプラン案をいいものに高めていきたいと思います。

原俊史左京地区委員長が開会あいさつ

私からは北部地域の取り組み例の紹介

(更新日:2015年01月30日)

大河原としたか弁護士と府市会議員そろって宣伝

来年7月に行われる参議院選挙に立候補を表明した、大河原としたか弁護士の左京でのお披露目宣伝を行いました。高野のイズミヤ前では、4人の府市会議員もそろって宣伝。その後、岩倉、修学院でも宣伝をしました。

イズミヤ前で訴える大河原としたか弁護士

岩倉生協前

(更新日:2015年01月25日)

花背峠トンネル早期実現決起集会

花背峠トンネルの早期実現に向けて、地元のみなさんが決起集会を開き、250人もの地元の方が参加されました。

共産党もみつなが敦彦府会議員、加藤・とがし市会議員と私の4人全員そろって参加しました。

花背峠以北は、高齢化・過疎化が進み、集落そのものがなくなってしまう、との強い危機感を地元のみなさんはお持ちです。それを打開する象徴として「花背峠トンネル化」が言われていますが、決起集会である自治会長さんも述べられていましたが、トンネル完成を待つまでにも、様々な課題の解決のために、地元の努力と行政の支援が必要です。

例えば、地元の雇用の確保、移住を促す住宅の確保、光通信の整備、交通手段の確保などなど、あげればきりがありません。そして、区役所の中に、過疎化対策の部署の設置を求めていたのは、まったく同感です。この思いに応えるために、全力を尽くしたいと思います。

(更新日:2015年01月24日)

京建労旗開き

京建労本部の新春旗開きが行われました。組織拡大の年間目標達成にあとわずか、何としても目標達成を、との意気込みが感じられる、元気のいいつどいでした。

共産党は、こくた衆議院議員が代表してあいさつ。来年7月の参議院選挙予定候補の大河原としたか弁護士も紹介されました。

(更新日:2015年01月18日)

大原消防分団出初式及び各種団体交礼会

毎年、大原消防分団出初式及び各種団体新年交礼会に招待いただいており、今年も参加させていただきました。

朝から雪模様で、山は真っ白です。

出初式では、江文神社の宮司さんによる安全祈願の後、団員さんの表彰。交礼会では、冒頭に自治連会長さんが現在の大原の課題、特に少子高齢化を食い止めるための若い人の定住促進策について様々に工夫している内容のご紹介がありました。

その地域に住み続けられる仕組みづくりが求められています。

(更新日:2015年01月18日)

ひぐち英明事務所開きに150人

ひぐち英明事務所開きを、岩倉中町(今井石油南側)の事務所前で行いました。雪やみぞれまじりのとても寒い日でしたが、150人もの方に集まっていただきました。

私は、耐震リフォーム助成制度を市内業者への発注を条件にさせるなど、市内の中小零細業者を元気にするための施策を実行させてきたことなどに触れながら、地域経済の活性化が、税収を増やし、京都市財政にも貢献すること、高すぎる国民健康保険料の値下げができることに触れながら、市民のくらしと命を守る市政を実現するために、引き続き議会へ送ってほしいとあいさつ。

さらに、安倍政権の進める、戦争への道はだめだと願う市民の代表として、引き続き全力で頑張る決意を述べました。
みなさん、大きなご支援をよろしくお願いいたします。

あいさつする私とみつなが敦彦府会議員

事務所開きに集まっていただいたみなさん

交差点の斜め向かい側・空がきれいです

最後の原俊史左京地区委員長のあいさつの時には雪とみぞれ

(更新日:2015年01月17日)

洛北新春のつどい

共産党洛北後援会のみなさんの新春のつどいでした。毎年、民謡、民舞、フラダンスなどなど芸達者なみなさんで楽しい催しです。最後は、恒例の江州音頭です。

みつなが敦彦府会議員と一緒に府市会議員選挙で議会へ送っていただくことをお願いしました。

(更新日:2015年01月11日)

新春のつどい次々と

京建労左京支部の新春のつどいに、みつなが敦彦府会議員、加藤あい・とがし豊両市会議員、年末の衆議院議員選挙でお世話になったはら俊史京都2区国政委員長、さらに井上さとし参議院議員も参加しました。

今年の4月の府市会議員選挙で、総選挙に続いて共産党を躍進させていただくことで、安倍政権の暴走政治、つまり、大企業だけが優先され、中小企業が苦しめられている政治にストップをかけることができるとできる、とあいさつしました。

そのあとは、今度は、修学院後援会のみなさんの新春のつどい。みなさんと一緒に、衆議院総選挙での勝利を祝いながら、みつなが・ひぐちを引き続き議会へ送っていただくことを誓い合いました。

(更新日:2015年01月10日)

民主府市政の会旗開き

民主府市政の会の新春レセプション(旗開き)が行われました。

様々な民主団体のみなさんが一堂に会しての盛大な旗開きで、私もたくさんの方と新年のあいさつをしました。

ここで紹介したいのが、来年の参議院議員選挙で、京都選挙区の共産党公認として発表された大河原としたか弁護士。京都大学を卒業後、弁護士として、原爆症認定訴訟や大飯原発差し止め訴訟、関西建設アスベスト京都訴訟などで中心的に頑張ってきた方です。

弱い立場の人たちに常に寄り添ってきた弁護士さんで、今度は国会議員として世直しの先頭にたってがんばっていただきたい方です。みなさん、よろしくお願いします。

(更新日:2015年01月07日)

新春の勢ぞろい宣伝

左京の共産党の府市会議員4人(みつなが敦彦府議・加藤あい市議・とがし豊市議)が勢揃して、岩倉生協前、下鴨生協前、イズミヤ前、熊野交差点で街頭宣伝を行いました。

どの地域でもたくさんの方に集まっていただき、熱気あふれる宣伝となりました。車から窓を開けて大きく手を振ってくれる方もたくさん。共産党への期待の大きさが感じられました。

(更新日:2015年01月04日)

Page 1 of 212