活動日誌

議会報告会

議会報告会の試行実施が行われました。今回は、市政協力員さんに案内を送り、多数の方にご参加いただけました。ありがとうございました。

内容が、「議会改革」について、決まったことの報告がメインになったことは、来られた方にどのように映ったのでしょうか。

それらのことが決まる過程において、どのような論議がされたのか、どのような提案が行われたのか、どの党がどんなことを言ったのか、などこそ、市民の知りたい中身ではないでしょうか。

テーマも、子どもの医療費や、国民健康保険料、地元企業の振興策など、身近な問題について、お聞きになりたかったのではないでしょうか。

参加者からの意見をもとに、各党がそれぞれ意見を言い、さらに討論をする、といった形式が、参加された方が、「面白い」と感じていただけるものとなると思います。

(更新日:2014年10月28日)

9月市会終わる

9月市会(2013年度決算議会)が終わりました。全体の評価は市会議員団のページをご覧ください。→【クリック】

今日の本会議には、国に対する意見書案が多数審議されました。「米軍Xバンドレーダーの撤去、基地建設の中止を求める意見書」「高浜原発の再稼働手続きの中止を求める意見書」「消費税増税の中止を求める意見書」は、どれも自民党から京都党までのオール与党が反対して否決。

討論の中でわが党議員が、Xバンドレーダーの批判をしていると、自民党から「日本は独立国家じゃないから(仕方ない)」との、自嘲気味の野次が飛びました。与党議員の劣化を目の当たりした思いです。

いずれも京都市民の暮らしに重大な影響を及ぼすものであり、国に対してものを言うべき問題ばかりです。何でもかんでも国言いなりの議員では、市民の暮らしを守れません。

(更新日:2014年10月27日)

市原でクリーンセンター民間委託化問題を考える集い

市原野ごみ裁判をすすめる会のみなさんが、クリーンセンター運転業務の「民間委託化問題を考える集い」を開きました。

市原は東北部クリーンセンター建設が計画された1991年から、その是非について地域で様々に議論が続けられてきました。

京都市が強引にクリーンセンター建設を行う中にあっても、粘り強い協議を重ねる中で、「公害防止協定書」が自治連と京都市の間で締結されました。住民運動の成果として勝ち取ったことや、「協定書」の中身などについて詳細に報告がなされ、この協定書を守らせるためにも、クリーンセンターの民間委託は許せない、との報告がありました。

参加者からの発言も、「事故が重大な問題を引き起こす可能性のあるクリーンセンターの民間委託化はやめてほしい」「現場で運転業務の人に直接指示が出せないというのは考えられない」などの意見が出されました。

(更新日:2014年10月26日)

修学院の新婦人のバザー

修学院の新婦人のみなさんがバザーを行いました。

私もお昼時にお邪魔して、山菜の炊き込みご飯とおでんをいただきました。

また、リンゴとシイタケも買って帰り、晩御飯に頂きました。美味しかったです。

(更新日:2014年10月26日)

岩倉・修学院で街角演説会

来年の府市会議員選挙に向けて、左京区の府会定数が4から3に減らされてしまいました。4年前に5から4に減らされたのに続けての暴挙です。このことで、1票の格差は大きくなります。

左京区民の願いを軽く扱い、政治に反映させにくくするものです。この暴挙を行った自民党と公明党に断固抗議するものです。

府会も市会も定数を削減されたもとでも、現職の府会1、市会3の議席を確保し、議席の占有率をあげるために力を尽くします。

今日は、そのことも含めて、みつなが敦彦さんと一緒に、岩倉・洛北診療所前と修学院駅前で街角演説会を行いました。

(更新日:2014年10月25日)

上高野ふれあいまつり

私の地元の上高野でふれあいまつりが行われました。昨年までは、私も学童の護者として、焼きそば焼いていましたが、子どもが学童を卒所したので、今年は初めて「見学」だけの参加です。

オープニングの学童子どもたちの踊りは、これは例年通り元気いっぱいでした。

(更新日:2014年10月25日)

岩倉出張所廃止にオール与党が賛成

くらし環境委員会で、9月議会にかけられていた議案の採決が行われました。

岩倉出張所の廃止の議案に反対したのは、共産党だけで、自民党から京都党までのオール与党は賛成してしまいました。出張所は廃止ではなく、保健所の機能を付け加えるなど、充実こそ求められているのに、廃止とは許せません。

オール与党に厳しい審判が必要です。

なお、20日のくらし環境委員会で、この問題で私が質疑した内容が、youtubeにアップされています。こちら→【クリック】

この動画の15分くらいのところから私の質疑が始まりますので、ご覧ください。

(更新日:2014年10月24日)

岩倉出張所の廃止提案は許せない

今の議会に、岩倉出張所を廃止する議案が提案されています。昨日のくらし環境委員会で、この議案の審議がありました。

質疑を行ったのは私だけ。他党は何も言いません。

議案には、廃止する理由として、①岩倉から左京区役所までの交通アクセスがいいこと、②行政運営の効率化を図ること、の2点がかかれています。

私は、区役所が最寄りのバス停や地下鉄駅から500mから750m離れているという市の資料を示しながら、これで交通アクセスがいいなどというのは、岩倉の方の思いとは全く違うこと、岩倉の人口が27,000人を超えることを考えれば、出張所の機能の拡充こそ必要ということを主張しました。

答弁で、「交通アクセスには課題がある」と認めました。だとすれば、今回の議案そのものの前提が崩れていることになります。

行政の効率だけを考えて、住んでいる人のくらしの充実という観点が欠落していることは、絶対に許せません。

(更新日:2014年10月21日)

花背峠トンネル化を望む請願が採択される

今日行われた、京都市会まちづくり委員会で、「花背峠トンネルの実現」を求める請願が採択されました。

この請願は、今年の2月に左京区北部の自治会のみなさんでつくる「花背峠トンネル化推進委員会」から提出されたものです。3月のまちづくり委員会で、私は請願を採択するよう主張しましたが、 自民党から京都党までのオール与党が賛同せず、それ以降、ずっと保留(留保)の扱いになっていたものです。

今日の委員会で、やっと全会派の賛同を得て採択されたことは、うれしい限りです。

請願採択を受けて、京都市は真剣に取り組みを進める必要があります。私も引き続き、峠以北のみなさんの願いを実現するために力を尽くします。

花背峠に掲げられている「トンネル早期実現」の看板

(更新日:2014年10月20日)

区民運動会が終わる

左京区内の学区民運動会が、9月14日を皮切りに、今日まで各地で行われてきました。

私もお祝いに回りましたが、それぞれの地域で特色があり、とても楽しめました。

町内のつながりが強くなる取り組みですから、準備していただく役員さんたちに深く感謝します。

(更新日:2014年10月19日)

Page 1 of 212