子ども部屋(コラム・『ひぐち英明ホッとコム』)

4月20日

オレオレ詐欺の被害が過去最高になったというニュースを少し前にしていました。それを聞いた次男(中学2年)が、「うちでも合言葉をつくらなあかん」と言い出しました。

次男は時代劇が大好きなので、「『好きな時代劇は?』、『大江戸捜査網』でどうや」と言うと、「そんなのポピュラーすぎる」とのこと。いやいや、「大江戸捜査網」を知っているのは、30年ほど前の時代劇ファンで、決してポピュラーとは言えません。結局、「大江戸捜査網」に井坂十蔵役で登場する俳優、「瑳川哲郎」が合言葉に決まりました。

さて、詐欺みたいな手法で、日本を戦争する国に導こうとしているのが、今の安倍政権ではないでしょうか。

昨年の参議院選挙で大勝した自民党は、公約で「解釈改憲の変更で、集団的自衛権を行使できるようにする」とは言っていませんでした。ところが、選挙が終れば、言っていなかったことであるのに、ごり押しで事を進めようとしています。

朝日新聞の世論調査では、集団的自衛権の行使を認めない、と答えた方が64%になり、あの産経新聞の調査でさえ、憲法を変えるべきでないと答えた方が1年前より増えて、過半数となっています。こうした国民の声にこたえる政治を実現しなければなりません。

(更新日:2014年04月20日)