活動日誌

共産党岩倉北後援会の総会に参加

日本共産党岩倉北後援会の総会に参加しました。

あいさつの中では、岩倉のみなさんの運動で高齢者のインフルエンザ予防接種の申請が、岩倉出張所でも行えるようになったことは本当にうれしいこと、ところが、その出張所を再来年の3月には閉鎖しようとしていることは許せないことなどを話しました。

さらに、命よりも効率を優先させるという考え方や、暮らしよりも大企業支援を優先さる今の政治を変えるチャンスが来年の知事選挙であること、その知事選挙で尾崎望さんんが「何よりも府民生活」を優先させる政治をつくろうと立候補を表明していることなどを紹介。みなさんと一緒に頑張ること決意を述べました。

(更新日:2013年11月30日)

左京民主府政の会で府政ウォッチング

左京民主府政の会が府政ウォッチングツアーを行いました。

はじめに行ったのは、台風18号で鴨川があふれた場所。伏見区下鳥羽の京川橋下流付近です。かつてないほどの豪雨ではあったものの、今後の対策をどうとるのかが問われています。こうした災害復旧に関しては、マンパワーが大事ですが、府も市も職員削減で、対策が遅れているのが現状です。

堤防から溢水したので、水防団のみなさんが土のうを積んで被害の軽減に活躍しました

次に行ったのは南区のキリンビール跡地開発。府内最大床面積のイオンモールが建設中ですが、この巨大商業施設により、市内はもとより、亀岡からもお客さんを呼び込むというもので、地域の商店街などがさらにつぶされていきます。こうした呼び込み型巨大開発を府市が協調して、税金もつぎ込んで行うというやり方は、地域で生活を営むという発想からはかけ離れています。

建設中のイオンモール

(更新日:2013年11月30日)

名古屋の排水機場は市の職員が直接管理

名古屋の排水機場を、昨日視察してきました。

台風18号の際は、伏見区小栗栖排水機場は、操作ミスによりポンプが停止し、300戸近い浸水被害をもたらしました。京都市は、主な排水機場は民間委託になっているため、浸水被害が起こっている時点では、ポンプ場で何が起こっているのか京都市は全くつかむことができませんでした。

そこで、排水機場の管理をすべて直営で行っている名古屋市を視察してきました。

いろいろと勉強になりましたが、何よりも、繰り返し浸水被害があった中で、市民の安全を守るための施設だから、直営で行っている、との説明は説得力がありました。

今後の議会論戦に生かしたいと思います。

ポンプの遠方監視制御施設

(更新日:2013年11月29日)

秘密保護法案の強行採決に抗議する左京ちょうちんデモ

昨日、衆議院で秘密保護法案が強行可決されました。今朝の新聞各紙でも、安倍政権を厳しく批判しています。

左京区では、安倍政権の暴走に抗議する「怒りのちょうちんデモ」が企画されていましたが、急きょ、秘密保護法案の衆議院強行可決に抗議することがメインテーマのデモとなりました。

小雨交じりの東大路通りを、みなさんと一緒に私も歩きました。

(更新日:2013年11月27日)

市政報告会(予算要求懇談会)開催する

共産党京都市会議員団として、来年度予算に向けた要求項目案を作成しました。

そこで、市民のみなさんから広く意見をいただくための、市政報告会(予算要求懇談会)を開きました。

全体会で概略を説明したのち、3つの分散会に分かれての懇談。私の参加した分散会でも、医療、災害対策、交通政策、景観問題、生活保護問題など様々な要望をお聞きしました。

お聞きした要望を整理し、予算要求を練り上げて、12月初旬には、京都市に提出する予定です。

(更新日:2013年11月26日)

敬老乗車証の改悪許すなと集会、署名提出

敬老乗車証の改悪を許すなということで、市役所前で昼休み集会が行われました。その後、集められた署名を京都市に提出。

市内各地で運動が盛り上がっています。

(更新日:2013年11月26日)

左京区農産物共進会が開催されました

左京区の農産物共進会が、今年も下賀茂神社で行われました。

展示即売会は、まさにあっという間に売り切れ。立派な野菜や加工品を買い込んだみなさんは満足顔でした。

最後に賞を受賞された方の授賞式で閉会です。

(更新日:2013年11月22日)

敬老乗車証改悪許すなと市内各地で宣伝

敬老乗車証の改悪を許すわけには行かない、ということで、共産党京都市会議員団が4つの班に分かれて市内各地で宣伝を行いました。

宣伝をしながらチラシを配っていると、受け取るためにわざわざ近寄ってきていただける方が多数あり、中には、「知り合いにも署名してもらうので、この署名用紙はどこに届けたらいいですか」と聞いてくる方もありました。

敬老乗車証が市民の間で貴重な制度だと受け止められていることが実感される宣伝行動でした。

私はとがし市議とくらた市議の3人で回りました

(更新日:2013年11月22日)

左京区役所にタクシーの待機場所ができました

松ヶ崎にある左京区役所は、交通の便が大変悪い場所です。最寄りのバス停まで300m近く離れている上、バスは1時間に1本という少なさです。

そこで、高齢者など歩くのに不自由な方の場合、タクシーを利用される方が大変多いという実態があります。ところが、区役所前の道は片側一車線の道路で、そこに乗車待ちのタクシーが並ぶ上、タクシーで区役所に来た方もその付近で降りるということになり、通行の妨げとなっていました。

区役所の建設が計画された当初から、タクシーやバスの乗降スペースを敷地内につくるべき、と地域のみなさんからも指摘がされていましたが、京都市は全く対応してきませんでした。ここに大きな間違いがあります。

区役所ができて、やはり危険ということで、先日、やっとタクシー2台分の待機場所が敷地内に設置されました。遅きに失したとはいえ、住民の声が反映したものです。

区役所前を通るバス路線の要望も、何としても実現させなければなりません。

写真中央部分がタクシーの待機場所

(更新日:2013年11月22日)

市バス・地下鉄運賃値上げ提案は中止を

京都市は市バス・地下鉄の料金値上げを11月議会に提案しようとしていますが、これは消費税増税を先取りしたものです。こんな提案は議会にかけるべきでないと、市長に対して申し入れを行いました。

これまで、議会では、消費税増税の中止と少なくとも公営企業への適用除外を国に求めるよう、繰り返し求めてきましたが、市長は消費税増税推進の立場を表明してきた上での、今回の提案ですから、まったく許せません。引き続き、増税中止を求める運動に取り組みます。

(更新日:2013年11月21日)

Page 1 of 3123